2015/02/06

「iPhoto」廃止、そして新公式アプリ「Photos」はこうなる - GIGAZINE

Macには写真ギャラリーアプリとして「iPhoto」がプリインストールされていますが、AppleからiPhotoに替わる新たな公式Mac OS X写真ギャラリーアプリの「Photos」が発表されました。既にiOS 8で実装されている「写真」アプリと同様のインターフェースが採用され、素早く写真の管理や編集ができるほか、iCloudフォトライブラリと連携してiOSデバイス間の共有も思いのままとなっています。


とうとう、iPhotoが無くなるんですね。
iPhotoはよくわからないデータベースに同じものを複製するので、かなりハードディスクを圧迫します。

Photosで同じ事は無いと思いますが…

私自身はLightroomの使い勝手に慣れているので、膨大な写真整理にこれを使うかと言われると、現段階では無いかなぁ。
NASのデータも問題無く早く出せるなら考えますが、恐らくローカル&iCloudを基本としているでしょうから、NASのデータアクセスをした途端に遅くなりそうな予感がします。
Lightroomはカタログと本データを別に管理しているので、ローカル側は比較的小さなファイルで済むので、重宝しています。
また、WindowsでもMacでも使え、カタログの切替のみでOSを気にしないで使えるのはとても便利です。
Bittorrent sync等でLAN内同期をしておけば、シームレスです。

何はともあれ、試してみないと何ともいえませんが、iPhotoが無くなることには大賛成です。

 

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.