2017/06/05

Final エントリーモデルE2000,E3000登場

以前にE2000とE3000を比べてE3000を購入しました。
しかし、どうしても気になって、何回か試聴した後・・・結局「E2000」も購入してしまいました。
今回のfinal製品には本当魅力があります。


 
2017/05/30

FiiO X5 3rdはいいぞ!

FiiO X5 3rd(以下X5-3)を試聴してきました。
ヘッドホン祭の時に少し聞きましたが、もう一度聴いてみました。
ちょうどその日は、FiiO X7+AM3(以下X7)で聴いていましたので、比較もできて良かったのですが、トータルバランスで考えるとX7よりもX5の方が良いと感じました。


 
2017/05/25

FiiO X7

FiiO X5 3rdが発売され、購入されている方も多いと思います。
音に関しては、X5 2ndともX7とも違うその間くらいですので、楽しく聴けるDAPだと思います。


 
2017/05/20

Final エントリーモデルE2000,E3000登場

finalのかなり評判の良い低価格なイヤホンが先日発売になりました。
「E2000」と「E3000」です。
価格としては、E2000が4000円くらいで、E3000は5000円くらいの比較的買いやすい価格帯のイヤホンです。

そのためか、いろいろなところで売り切れとなっております。


 
2017/05/14

Final エントリーモデルE2000,E3000登場
 

【聴いてみた】5000円代で買えるfinalの新製品 E2000とE3000を聴き比べてみた【5/18発売予定】 -eイヤホンのブログ:

 

E2000とE3000の大きな違いはハウジングの素材で、

ドライバーは共通の6.4mmφダイナミック型ドライバ—を使っております。

 

見た目だけでなく音も別物です!

価格的にはE3000のほうが少しだけ上ですが、

上位モデルだから音が良いというわけではなく、

それぞれキャラクターが違うので好みで選んでいただいて問題ありません。

 

finalのイヤホンといえばBA一発の高級イヤホンというイメージですが、

今回のEシリーズはなんと5000円代で買えてしまうんです。

(Via www.e-earphone.jp)

 

この間のヘッドフォン祭りでも評判の良かったfinalのエントリーモデル「E2000」と「E3000」のレビューが出ております。
finalと言えば落ち着いた雰囲気でゆったりとした曲に良く合う印象ですが、どのモデルも良いお値段がしますので、手を出しづらいイヤホンでした。
しかし、今回エントリーモデルということで、5000円代で購入が可能になりましたので、手を出しやすくなりました。


 
2016/11/21

【第171回】「イヤーピース交換」を極める! “最低コストで最大効果”のイヤホンチューニング:

 

イヤホンのチューニングにはリケーブル、ポタアンなど様々手はありますが、この世で一番強い方法を一つだけ選ぶとしたら…『イヤーピース交換』!今回は7種類のイヤーピースを用意してその効果を検証しました。

(Via Phile-web 総合)

 

イヤピースってとても大事なんですよね。
オーディオにこだわりが無かったときは全く気にしない部分ではあったので、わざわざ変えるという考えも無かったのですが、現在ではイヤピースまで含めてのイヤホンなんですよね。
IE800なんてイヤピース自体交換可能な商品がないのと、きっと付属イヤピースが一番しっくりくるものと思っております。
実際、Spinfitにしてみたら、外れやすいを置いておいても付属のイヤピースの方が良かったです。


 

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.