2016/01/21

1password半額セール中
 

何回か取り上げているパスワード管理ソフト1Passwordが半額セールを実施中です。
Mac用といっても、iPhoneでもAndroidでもWindowsでも使えるアプリとなっております。
今回半額となっているのは、Mac用とWindows用です。
iPhone、Androidは無料です。

最近ではトレンドマイクロのパスワード管理ソフトの脆弱性が見つかって大きな話題となりました。
1Passwordでは脆弱性が発見されたというニュースもなく、そして現バージョンの6ではさらに堅牢になりました。


1Password
 
2015/07/29

とりあえず落ち着こう:誤解だらけの「Windows 10」無料アップグレード - ITmedia PC USER
いよいよ「Windows 10」の一般公開が始まる。まずはWindows Insider Program参加者向けに順次配信されていく予定だ。ただ、これまでInsider Programに参加してきた600万人以外の、ごく一般的なユーザーの中には、今回の無料アップグレードに誤解や不安を頂いている方も少なくないと思われる。  まずはっきりしておきたいのは、「Windows 10のアップグレードは自動でも強制でもない」という点。知らない間にWindows 10へアップグレードされてしまい、周辺器機のドライバやネットバンキングがWindows 10に対応してなくて困る、ということは起こらない。そもそも、仮にアップグレードしても「アップグレードから31日間は直前の環境に戻せる」仕組みが用意されている。

もう始まったのかな。
待ちに待っていた人もいるのではないでしょうか。
私はInsider Programでプレビュー版をインストールはしていましたが、特に使うことはほぼ無く正式版の日程を迎えてしまいました。
何で使わなかったかというとトラックパッドのドライバがちゃんと動かなかったので・・・
カーソルを動かす肝の部分に難があると使えないですね・・・
Windows10関連のドライバや対応PCは今後メーカーページに記載されるようですので、それを待ってからアップデートした方が良いと思います。
 
2015/07/10

半径300メートルのIT:秘密の質問「母親の旧姓」、読めないんですけど…… - ITmedia エンタープライズ

ask.fmという、個人に対してインタビューや質問を匿名で行い、その答えを公開するというWebサービスがあります。読者の疑問に気軽に答えることができるため、多くのネット有名人が利用しているようで、Twitterのタイムラインにもその内容が流れてくるのをよく見ます。


セキュリティ意識は高い方だとは思っていましたが、これは思いつきませんでした。
私が言うのも何ですがちゃんと読んでおいた方が良いです。

ask.fmとか使わないのでそこからは漏れなくても、例えばペットの名前とか小学校の名前とかFacebookなどから漏れる可能性はありますよね。

秘密の質問って怖いですね。。。

今後は秘密の質問の答えもランダムに変更した方が良いですね。
適当な答えにするのもありですが、何にしたか忘れますからね。

この記事の管理方法に1passwordが使われていますが、もう1passwordなどパスワード管理アプリを駆使してがんばるしかないですね。

BalckBerryの方はPasswordKeeperでも良いですが、ランダムの英数字などを手入力するのは結構大変なのでコピペができる1Passwordはやはり便利です。

1Passwordが無くなった途端どこにもログインできなくなりますが・・・
漏れるよりかは良いでしょう。
管理パスワードは忘れないように(笑)

転ばぬ先の杖。

高いから、面倒だからで後回しにすると良くないのがセキュリティ。
目に見えないものにお金を払うのは勿体ない気もしますが、保険ですからね。

iPhone版、Android版は無料です。
ただWindows版、Mac版は有料です。
メンテやChrome ExtensionなどPC版もあった方が楽で便利だとは思います。

1Password

1Password


Windows版などは、メーカーページからどうぞ。

 
2015/05/28

Swift第3弾として、今回はMacでFiio X3 2ndのテーマをいじっちゃおうというテーマでやってみたいと思います。
 

最初は色変更だけのつもり


最初は、アイコンの色変更を簡単にできないかなと思っていました。
以前に私のように絵心が無いけどテーマに合わせて色変更を行うには、GIMPのグラデーションマップを使うのが簡単ですよ。というのを書きました。
しかし、アイコンの数が多いので、一つ一つグラデーションマップで色変更をしていては時間がかかります。
そこで、GIMPのバッチ機能を使って自動化しちゃおうと思いました。
しかし、色を決めるのも簡単にしたかったので、Swiftで作った画面で色を選択させて、それをGIMPのバッチモードで回せば良いかなと思い、その部分を作りました。
 
2015/05/27

普段Windowsアプリを使う分にはEasyWineで良いのですが、バッチファイルを起動する場合はNihonshuが必要?なのかなと思うので、自分的メモとしてインストール方法を記載。

1. ここからwine-1.7.35_nihonshu-20150128.tar.bz2をダウンロードする。

2. /usr/local/に展開する。

3. ~/.bashrcや~/.bash_profileにPATHを追加
export PATH=$PATH:/usr/local/wine/bin

4. terminalからexplorer起動
wine explorer

MONOとGECKOをインストールする画面が出た場合はインストール。

5. batファイル起動は、terminalから
wine cmd後にbatファイル指定、もしくは、wine cmd < xxx.bat

 
2015/05/26

MacでWindowsのアプリを動かすWineをいうものがあります。
昔、Linux上で.Net Frameworkを動かすMonoというものがありました。
かなり昔、Monoで.Net Frameworkを動かそうとしましたが、うまくいかず諦めた記憶があります。
Wineも導入までに手間がかかるものだったので、Windows環境を使いたい場合は、仮想環境を立ち上げて使っていました。

今回、ちょっとやりたいことがあって、Mac上でWindowsのアプリ起動をしたかったので、再度調べてみたら、導入はかなり簡単になっていました。
EasyWineを導入すれば、とても簡単に起動ができます。

どのくらい簡単かというと、
EasyWineをダウンロード→インストール。
起動したいexeを右クリック→このアプリケーションで開く→EasyWine。
以上。

すべてのWindowsアプリが動くわけでは無いと思いますが、私は、Windowsの90%をMp3tagの為に使っているので、試しにEasyWineでMp3tagを動かしてみたら問題無く動きました。
仮想環境を使うよりも処理も速いし、何で今まで使わなかったのだろうと後悔しました。

まだ、よく理解していないので、簡単に起動させるようにEasyWineを使って、コマンドラインで使うためにNihonshuをインストールしたら、どっちがどっちだかよく分からなくなったのは秘密です。
格納場所が違うので、EasyWineでインストールして、Nihonshuで起動する場合はEasyWineでインストールされる場所を意識するか、Nihonshu側でコマンドラインを使って再度インストールするかなのかな。
正しい方法では無いと思いますが、ごちゃごちゃするので、Nihonshuでインストールして、エイリアスを作って、EasyWineで起動させてます。

仮想環境を完全に置き換えることは難しいかもしれませんが、よく使うWindowsアプリがWineで動けば、かなり楽になると思います。

今回使ったアプリ


- EasyWine
- Nihonshu
- Mp3tag

↓関係無いけど好きなんです(笑)

 
2015/05/22

パスワード管理に定評のある1PasswordのMac版がなんと1800円の値下げ中です。
1800円の値下げは大きいので、まだ使っていない方はこの機会を逃さない方が良いかもしれません。

1Passwordを使うと、Dropboxを使って、Mac、Windows、iPhone、Androidでのパスワード同期が可能となります。
iPhone版ですと、指紋認証にも対応しているので超絶使いやすいです。

1Passwordのおかげで複雑なパスワード設定でも問題無くなりますので、パスワード使い回しもしなくなります。
よって、レイバンも売らなくなりますよ(笑)

パスワードを使い回している方、複雑なのは覚えられない方、ぜひ導入してみてください。

1Password
 
2015/03/04

“クラウドより16倍速い”:クラウド不要のP2Pファイル同期ツール「Sync」が正式版に 年額4800円のプロエディションも - ITmedia エンタープライズ

手持ちの端末(PC、Mac、iOS、Androidなど)のストレージをクラウド代わりに使えるようにするP2Pベースのファイル同期ツール「BitTorrent Sync」の正式版が無料で公開された。年額4800円の「Sync Pro」もある。


ファイル同期としてDropboxやCopyなどを使っていますが、自宅内だけで同期する場合、Bittorrent Syncは、外に出ていかないので、セキュリティ的にも安全ですし、速度が速いのでとても便利です。
私の場合、MacとWindowsでLightroomを使用していますが、そのカタログファイルの同期にBitTorrent Syncを使っています。

また、BitTorrent Syncの良いところはNAS用にもリリースされていることです。
パソコン間の同期だと電源が入っていないと同期できないので、わざわざ電源を入れるならDropboxなどでいいやという方もいると思います。
NASであれば、基本的にはずっと電源が入っているので、NASを介してすべての端末と同期を取ることができます。

そんなBitTorrent Syncが正式版となって「Sync」という名称になったようです。
Pro版もありますが、普通に使う分には無料で全く問題ないと思います。

週末にでもNAS含め正式版にしたいと思います。

 
2015/02/06

「iPhoto」廃止、そして新公式アプリ「Photos」はこうなる - GIGAZINE

Macには写真ギャラリーアプリとして「iPhoto」がプリインストールされていますが、AppleからiPhotoに替わる新たな公式Mac OS X写真ギャラリーアプリの「Photos」が発表されました。既にiOS 8で実装されている「写真」アプリと同様のインターフェースが採用され、素早く写真の管理や編集ができるほか、iCloudフォトライブラリと連携してiOSデバイス間の共有も思いのままとなっています。


とうとう、iPhotoが無くなるんですね。
iPhotoはよくわからないデータベースに同じものを複製するので、かなりハードディスクを圧迫します。

Photosで同じ事は無いと思いますが…

私自身はLightroomの使い勝手に慣れているので、膨大な写真整理にこれを使うかと言われると、現段階では無いかなぁ。
NASのデータも問題無く早く出せるなら考えますが、恐らくローカル&iCloudを基本としているでしょうから、NASのデータアクセスをした途端に遅くなりそうな予感がします。
Lightroomはカタログと本データを別に管理しているので、ローカル側は比較的小さなファイルで済むので、重宝しています。
また、WindowsでもMacでも使え、カタログの切替のみでOSを気にしないで使えるのはとても便利です。
Bittorrent sync等でLAN内同期をしておけば、シームレスです。

何はともあれ、試してみないと何ともいえませんが、iPhotoが無くなることには大賛成です。

 
2015/01/22

なぜWindows 10が「特別なOS」なのかが一発で分かる新機能まとめ - GIGAZINE

Microsoftが次期OS「Windows 10」に関して、Windows 7、Windows 8/8.1などの既存OSからの無償アップデートを期間限定で実施することを発表しました。そこには単に、不振が続くWindows 8/8.1からの巻き返しを図るだけでなく、Android・iOSに大きくリードを許しモバイルOS市場で出遅れたMicrosoftが起死回生の大挽回を実現するための大いなる野望が垣間見えます。Microsoftが公開するWindows 10の公式ムービーを見れば、「なぜWindows 10が次世代のWindowsなのか?」「なぜMicrosoftが『特別なOS』と位置づけるのか?」の理由がなんとなく分かります。


Macによく似てる…Macで実現できていることばかりじゃないのかな。
細かいところは抜きにして、後追い感が半端ない…
Windows8よりは良さそうだけど、新鮮さがない。

ブラウザ増やさないで欲しい…
 
1 / 2 / 3 /

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.