2014/11/27

以前に、写真などが入った300GBのLANDISKのデータを飛ばして以来、我が家のバックアップ部隊には気を遣っています。
特に、最近はテラバイト級のHDDが主流なので、データを飛ばしたら泣くに泣けません。
そのため、今まで色んなバックアップの方法を模索していました。
方法は複数あるので、ちょっとだけご紹介。

Google Picasaを使ってクラウドに保存


写真や動画は、サイズにさえ気をつけてGoogleのPicasaを利用すれば無限に保存してくれます。
PC/Macやスマホでも自動でサイズ縮小して、Picasaにアップロードしてくれるツールもあるので、一番楽な方法だと思います。
サイズが2048以下なので、大きめの画像保存はできません。
PC/Macへローカル保存に保存+画像縮小してPicasaに念のためバックアップという運用になると思います。
音楽や映画などのバックアップはできませんので、あくまで写真や15分程度の動画であれば最適です。
アルバムを作るときに、デフォルトだと誰にでも公開される設定になっているので、限定公開にすることが注意点です。

外付けHDDに保存


PC/MACのローカル保存に加えて、外付けHDDを利用するというのも一つの方法です。
外付けHDDも安くなっていますので、2カ所にバックアップという意味では便利です。
ただし、何かのツールを使って、内蔵と外付け、内蔵とNASの同期を取る必要があります。
(もちろん2カ所へそれぞれコピーするでも問題ありません。)
ファイルの種類に影響せず、家の中だけで完結し、インターネットに出ないので流出等の心配も無いです。
難点としては、複数のPC等で見る場合に外付けHDDを持ち歩かないといけません。

外付けHDDの代わりにNASへ保存


持ち歩かなくても複数のPCや場合によってはスマホでも見られるように外付けHDDではなくNASに保存するというのも一つの方法です。
NASはUSBではなくLANケーブルで繋ぐ外付けHDDのようなものです。
やり方は、外付けHDDと一緒ですが、ネットワークに繋がっていればどの端末からでも見られるのでHDDを持ち歩いて、別のPCに接続をしなくて済みます。
難点としては、常時NASの電源を入れておく必要があると思います。
(もちろん使うときだけONでも良いとは思います。省電力の設定もあるので、常時ONの方が何かと便利です。)
 
2014/03/22

結局悩んだけど、NAS用にUPSも購入。
通常UPSは1台しか状態監視できないけど、NASがすべてQNAPだと、1台が信号を受けて他のQNAP用のNASのシャットダウンもできる模様。
APCのUPSなら、apcupsdを使えばつながっている機器すべてのシャットダウンもできそう。
Cyber PowerのNASでもapcupsdが使えるのかな。
まぁ最低限、NAS2台が落ちれば良いので、そんなに調べてない。
可能ならMacも落としたいけどな。

というわけで、今回購入したので、
Cyber PowerのCP 550JP。APCにするか悩んだけど、APCは大きいようなので、できる限り小さくて、安いのをということで、Cyber Powerになりましたとさ。

Cyber Powerは安いのを探すとあまり売っていないので、急いでいる方はAPCの方が早いかも。
今回は、早めに欲しかったので、ちょっと高かったけど、オリオスペックさんで購入。
次の日には来たから、とても早かったよ。

とりあえず、繋ぎたいけど、NASのレプリケーションが終わらないので、明日かな。

じゃあまたね。


 

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.