2014/12/22

ルータをAterm WR9500NからAirMac Extremeに変更しました。
AirMac Extremeもそこまで存在感があるわけではなく、変にアンテナが出ているモノよりもスッキリしていて良いです。
今までルータは隠していましたが、接地面積は狭く、すっぽりとうまく置ける場所があったため、上に浮上してきました。
その結果、今までよりも電波も飛んでいるようです。
AirMac Extremeと相性が微妙と書かれているものを見かけたWEX-733Dも同時に購入し2Fへ設置しましたが、我が家では特に相性問題もなく、すんなり802.11acでつながっています。
そして、今までバックアップでしか使っていなかったTimeCapsuleを中継設定にして、1Fの範囲をさらに拡大しました。
その結果、家の中での死角はなくなりました。
どこでも、バリ3(とはもう言わないかw)。
また、2.4Ghzでの接続から5Ghzでの接続へ変更したため、速度も向上しているように感じます。

WEX-733Dですが、これが小型でコンセント直なので場所を取らなくて良い感じです。
今までは横置きを使っていたので場所を取っていたのですが、小型なので、廊下にあるコンセントで取れるようになったのは大きいです。

心配していた、TimeCapsuleの無線バックアップですが、なぜか今までのバックアップディスクが見つからなくなってしまったので一度削除して、TimeCapsuleをフォーマットして、最初からのバックアップになってしまいました。
その結果、460Gのバックアップに15時間(802.11n)、90Gのバックアップに3時間(802.11ac)程度でした。
一度バックアップを取ってしまえばあとは差分なので、全く問題ありません。

ルータを変更してから、バリ3なのにインターネットに接続できないことがなくなったので、やはり以前のルータが壊れ気味だったのかもしれません。

AirMac ExtremeとWEX-733Dの組み合わせは個人的にはかなりおすすめです。
ただし、何点か注意点があります。
AirMac ExtremeにはWPSボタンはありませんので、WEX-733DへはLANケーブルを直結して、手で設定する必要があります。
フレッツ光メンバーズクラブでのポイント交換がちょっと面倒です。
フレッツ光メンバーズクラブの件はまた別のお話で。



今回購入したのは整備済みモデル。
最近Appleからは整備済みで買うことが多い。
我が家のTimeCapsuleも整備済み製品です。
欲しい製品があれば、新品同様のモノが格安なので、お得感があります。
 

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.