2015/08/23

Avira


迷走してる感がありますが、ClamXavが有料化されたことに伴いワクチンソフトをAviraに変更しましたが、TimeMachineが終わらないということが発覚し、AviraからAvastに変更しました。
Avastでは除外ファイルの設定ができましたので、TimeMachineでのバックアップに問題はありませんでした。
しかし、Webの方でSSLが弱いところなどには繋がらないことが発生しました。
そういったところは、iPhoneでやれば良いかなと思っていましたが、他のサイトでも発生し、サイトの問題なのかAvastの問題なのかわからなくなりました。
また、Chromeなどにインストールされる拡張機能により明らかにWebが遅くなっているのがわかったので、Avastを使うのを止めようと思いました。 
なぜか拡張機能をオフにしても、Web Protectionが重いのかWebが遅いのが解消しなかったので、だんだん使うのが辛くなりました。

 
2015/08/01

先日、ClamXavが有料化されたことに伴い、ワクチンソフトをAviraに変更しました。
しかし、TimeMachineでのバックアップがなかなか始まらない、終わらないという状況になったことに伴い、Avastに変更しました。
Avastにしたらバックアップも問題なく動くので当分はこれでいこうかと思います。

ClamXav同様TimeMachineのバックアップファイルとParallelsの仮想ファイルを除外ファイルに入れています。

Aviraも除外ファイルに入れられれば大丈夫なような気がしますが設定項目を見つけられませんでした。

Avast設定

これでとりあえずうまく動いています。

ダメだったら、評判の良いVirus Scanner Plusかなぁ。

 
Virus Scanner Plus
 
 
2015/06/30

無料で軽いワクチンソフトであるClamXavが有料化されました。
現在は25%Offで2,881円となっておりますが、通常価格は3,841円です。

今までお世話になったことはないので、3,841円が妥当なのかはわかりません。

以前、「Macにワクチンソフトを入れるなら何?」とMacなお友だちに聞いたら、「Virus Scanner Plus」という回答が多かったです。

その頃(5年くらい前)にあった無料のワクチンソフトはAvira、Avast、ClamXavくらいでした。
Aviraは重い。Avastはアンインストールが面倒、重い、出始めで不安定。
ということで、ClamXavが必然的に残る形となりました。
ClamXavのMac Store版にはリアルタイム検索)が無く、公式サイトからダウンロードするとリアルタイム検索付きのSentryでした。

今回は、ClamXavを継続するのではなくAviraをインストールしてみました。
WindowsではAvastを使っているので、Avastでも良かったのですが5年前のイメージがあったので、とりあえずAviraにしました。
AviraはWindowsでも一時使っていたこともあるので、重さがどうかなと思ったのですが、全く杞憂でした。
何も変わりません。

現在のAvastも問題無いのでは無いでしょうか。
とりあえずAviraが問題無さそうなので、このまま使い続けてみたいと思います。
無料版なのでサポート等は無いようなものです。
サポートが必要な場合は、Symantec製品や先ほど出てきた「Virus Scanner Plus」の方が良いと思います。

検出率を気にされるなら、AV TESTのサイト(リンク先はMacの比較。Windowsは別ページにあります。)を参考にしても良いかもしれません。
個人的には、よほどの危険地帯(アダルトサイトやダウンロードサイト等)に行かないなら、どれを選んでもそこまで悪いとは思いませんけどね。

そういえば、Sophosも無料で出していたような。
Sophosのリアルタイム検索を有効にすると、javaでできているアプリケーションの起動が恐ろしく遅くなったので、やめたのを思い出しました。
 

今回でてきたアプリケーション

     

私の周りのMacなお友だち推奨アプリケーション

 
Virus Scanner Plus
Virus Scanner Plus
 

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.