2016/07/01

AK70 2016年7月15日発売開始!

Astell&Kern、「AK70」は約7万円/「AK T8iE MkII」は約13万円で7月15日発売 - Phile-web:


アユートは、Astell&Kern(アステルアンドケルン)のハイレゾプレーヤー「AK70」と、Astell&Kernとbeyerdynamicとのコラボイヤホン「AK T8iE MkII」の国内での価格と発売日を決定。いずれも発売日は7月15日で、直販サイトでは本日7月1日17時より先行予約受付を開始する。

(Via www.phileweb.com)


AK70の発売日及び予約開始日が発表されました。
7月15日発売
予約は本日より開始しています。


 
2016/06/22

AK70

Astell&Kernの小さなハイレゾプレーヤー「AK70」。599ドルでバランス&USBオーディオ出力 - AV Watch:


アユートは21日、iriver Astell&Kernのハイレゾプレーヤー新エントリーモデル「AK70」を発表した。詳細な発売日や価格は未定だが、海外では599ドルで発売予定。日本での発売は7月を予定している。カラーはミスティミント。

(Via av.watch.impress.co.jp)


AKシリーズの新しいエントリーモデルの登場です。
AKJrの後継機種として、AK70が7月頃に登場する予定です。
価格は$599ですので、6万円台で出れば御の字。7万円を超えるのではないでしょうか。
構成としては、バランス接続を備え、AK100IIに近い気がします。
記事の中ではAK100IIの悪かった部分を補完しているようで音質向上が図られていると記載がありますので、小型でAK100IIよりも音が良いなら、それは良いですね。
持ちやすいサイズですので、女性ファンも増えそうな気がしますね。
最近は、上に伸びるよりDP-X1のように、横に伸ばすデザインが流行りなのでしょうか。
AK100IIのデザインは秀逸だと思っているので、個人的には残念な傾向です。


 
2016/06/06

Ak300

AK第3世代の入門機「AK300」は約13万円。DACはAK4490×1基 - AV Watch:

アユートは、iriver Astell&Kernのハイレゾ対応ポータブルプレーヤーの新モデル「AK300」を6月11日に発売する。価格はオープンプライス。直販価格は129,980円(税込)。カラーはミッドナイトブラックで、型番は「AK300-64GB-BLK」。内蔵ストレージメモリは64GB。

(Via av.watch.impress.co.jp)


AK240、AK120II、AK100IIの終演と共に出てきた、エントリーモデルAK300。
基本構成はほぼAK320と同じですので、10万を切ったら人気が出そうです。
内蔵メモリが64GBなのはSDで補えば良いですので、シングルDACをどう考えるかですね。


 
2015/12/04

AK320

 

Astell&Kern「AK320」は約25万円、12月18日発売。製品発表会をレポート - Phile-web:

 

AK380との最大の違いは、ネイティブ再生できるフォーマットが、最大192kHz/24bitのPCMとなる点で、DSDのネイティブ再生は行えない。DSD再生は176.4kHz/24bitへのPCM変換となり、なおかつ再生できるのは最大5.6MHzまでとなる。

またAK320では、384kHz/32bitのPCMは192kHz/24bitにダウンコンバートして再生される。なお、AK380はDSD256(11.2MHz/1bit)や384kHz/32bit PCMのネイティブ再生が可能だ。

アユートの藤川氏はAK380のコンセプトについて「AK380はフラグシップモデルであり、プロフェッショナルモデルでもありました。よって価格も非常に高価なものとなりました。しかし、AK380で達成したサウンドをより多くの方に聴いてもらいたいと、そのDNAを継承した“スタンダードモデル”として、AK320を市場投入することになったのです」と説明していた。

(Via www.phileweb.com)

 

数日前からAK380の廉価版(?)スタンダード版であるAK320の話題は出ておりましたが、発売日や価格は未定でした。
その気になる発売日とお値段が出ました。

 

12月18日発売で、お値段なんと、25万円です。

 

確かに、AK380と比べれば安いです。


 

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.