2015/08/21

※ Galaxyアンバサダープログラムの企画で「Galaxy S6 edge モニター」に参加しています。


S6 edgeが開発端末として使えるかADTへ繋いでアプリを動かしてみました。

本当は、Android Studioでやりたかったのですが、手持ちのアプリがADTからうまくAndroid Studioへインポート出来なかったので、今回はADTでやってみました。

結果的には問題無く、躓くこともなく動かすことができました。
やり方としては、まず、開発者オプションを表示します。
開発者オプションを出すには、設定の端末情報の中の端末ビルド番号部分を7回タップすると設定の中に開発者オプションが現れます。
ここは、従来のAndroid同様ですね。
そして、ADT(Android Studio)へ繋ぐためにUSBデバッグのチェックボックスをオンにします。

 

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.