2015/03/13

シンプルすぎる端末:VAIO Phone発表で日本通信の株価が急落 (1/2) - Business Media 誠

ただ問題は、VAIO Phoneはあくまで日本通信の製品であり、VAIOは「デザイン協力」しただけという事実が世間にはほとんど伝わっていないということだ。端末を開発・製造しているのはVAIOではないから、同社の本来の持ち味である高密度実装技術や放熱技術も生かしようがない。

同社のスマートフォンへの取り組みは今回あくまで第1弾である。今後、もし本気でVAIOがスマートフォンを開発したら、非常に凝った作りの端末や、AndroidではなくWindows PhoneがVAIOブランドで出てくることもありうる(発表会後の囲み取材ではVAIO関取社長は、それらの質問を否定しなかった)。

 ただ、実際に今回登場したVAIO Phoneはあまりに「フツー」の端末すぎた。世間が“VAIO”という名前に期待するものは「それじゃない」ということなのだろう、期待値と実際に出てきた端末のギャップが大量売りにつながった。日本通信株の急激な下がりぶりは、逆説的に言えばそれだけ、みんなのVAIOブランドへの期待を表している、とも言えそうだ。


同じ意見ですな。
VAIOの冠かぶってるのに、VAIOらしさが全く感じられない製品ですね。
VAIOブランドの安売りにしか見えないですな。
と思ったら、日本通信の端末にデザイン強力しただけなんですね。
そりゃ普通の端末になるか。
素のAndroidは使い勝手が良いと欠いてありますが、素のAndroidが良い人はNexus使うでしょ。

昨日の夕方以降のTwitterの反感の多さも、VAIOのブランドイメージはまだまだ高く特別感を持っている人が多いと言うことなのだから、VAIOらしい凝ったものを、ぜひ出して欲しいですね。

つーか、日本通信もういいよ。SIMフリー、SIMフリー言ってて、端末はSIMフリーだけど、VAIO専用SIMというVAIO Phone以外使えないSIM側ロックw
おまけに端末だけでは購入できず、音声通話強制プランのセット販売。
これが日本通信のSIMフリーなんですね。。。
まぁ、IIJMioに持ってかれちゃってるから必死なんだろうけど、このやり方じゃ…ね。

どうでもいいけど、ドラクエ3に余計なソフトが付いてきたり、アバンテに余計なミニ4駆が付いてきたのを思い出した。

 

Copyright © Rocomotion