2018/04/25

Xperia Ear Duo

耳をふさがない“スマートな”完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」登場! “デュアルリスニング”の魅力とは? (1/4) - PHILE WEB:


ソニーからまた一つ画期的なワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo/XEA20」が誕生した。この製品はシンプルに音楽を聴くための用途だけでなく、独自のボイスアシスタント「Assistant for Xperia」や、本体に内蔵する各種センサーの情報を集めて素速く処理するソニー製のスマートセンシングプロセッサー「CXD5602」によるスマートな体験を実現している。

(Via www.phileweb.com)


耳を塞がないイヤホン「Experia Ear Duo」の魅力が語られています。 耳を塞がないだけではなく魅力的な機能が多い製品となっているので、気になっている方は読んでおきましょう。


 
2018/04/12

Xperia Ear Duo

ソニー、耳を塞がない“デュアルリスニング”完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」 - PHILE WEB:


ソニーモバイルコミュニケーションズは、耳を塞がない独自の音導管設計によって音楽と環境音を同時に聴く“デュアルリスニング”スタイルを実現させたことに加え、スマートフォンと連携するスマートアシスタント機能も備える完全ワイヤレスイヤホン“Xperia Ear Duo”「XEA20」を4月21日に発売する。3万円前後での実売が予想され、本日4月11日から予約受付を開始した。カラーバリエーションはブラックとゴールドの2色で展開する。

(Via www.phileweb.com)


ambieのワイヤレス型が出たと思ったら、ソニーはその上、完全ワイヤレスで耳を塞がないイヤホンを出してきました。


 
2018/04/11

完全ワイヤレスでノイキャン搭載のWF-SP700N

ソニーから完全ワイヤレスイヤホンで世界初、ノイキャン/防滴対応の「WF-SP700N」 - PHILE WEB:


ソニーは、スポーツ向けモデルの完全ワイヤレスイヤホンとして世界で初めてデジタルノイズキャンセリング機能を備え、外音取り込み機能やIPX4相当の防滴機能も搭載する「WF-SP700N」を4月28日に発売する。ブラック/ピンク/イエロー/ホワイトの4色を揃え、オープン価格だが23,000円前後での実売が予想される。

(Via www.phileweb.com)


ソニーの勢いが止まりません。
今回は、「完全ワイヤレスイヤホン’」へノイズキャンセリング機能を搭載してきました。


 
2018/02/26

Beoplay E8

B&O PLAY、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」の限定カラー“All White/All Black” - PHILE WEB:


Bang & Olufsenは、完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」の限定カラー“All White/All Black”を2月24日からBang & Olufsen直営店舗にて発売する。価格は30,463円(税抜)。
All White/All BlackはCES 2018でも発表された限定モデルで(関連ニュース)、2018年に発表されるE8スペシャルエディションコレクションの最初のカラー。各色ともに2月24日からはBang & Olufsen 銀座/二子玉川/外苑前/伊勢丹新宿店/西武渋谷店にて、また2月27日からはESTNATION GINZA/ZOZO TOWNにて発売される。

(Via www.phileweb.com)


人気の「Beoplay E8」に限定カラーが登場です。
従来のブラック、チャコールサンドに、「オールホワイト/オールブラック」が加えられました。


 
2017/12/01

Beoplay E8

B&O PLAY初の完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」レビュー。操作感からサウンドまで全てが高品位 - PHILE WEB:


昨今、左右が独立した“完全ワイヤレスイヤホン”の人気が高まっている。昨年登場したiPhone 7がイヤホン接続用の3.5mmステレオミニ端子が廃したことが大きなトリガーになったと思われ、特にコンシューマー市場における流れは一気に無線化に進んでいる。そんな中、Bang & Olufsenのカジュアルブランド “B&O PLAY” から登場したのが「Beoplay E8」だ。

(Via www.phileweb.com)


最近大人気の完全ワイヤレスのイヤホンですが、デザインも評価されているBeoplayの完全ワイヤレスイヤホン「E8」のレビューが出ています。


 
2017/10/05

JBL FREE

JBL、完全ワイヤレスイヤホン「JBL FREE」を11月に発売。約1.5万円 - PHILE WEB:


ハーマンインターナショナルは、同社が取り扱うJBLブランドより、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン「JBL FREE」を11月に発売する。価格はオープンだが、公式通販サイト販売価格は14,880円(税抜)。カラーはブラックとホワイトをラインナップする。

(Via www.phileweb.com)


人気の完全ワイヤレスイヤホンですが、今度はJBLからも出るようです。
比較的買いやすい価格ですので、最初のお試しにも良いかもしれませんが、iPhoneメインの方だと・・・AirPodsの方が良いかもしれません。


 
2017/10/03

WF1000X

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン、「予想以上の予約」に供給追いつかず - PHILE WEB:


ソニーが10月7日に発売する、同社初の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」。左右が完全に独立し、ケーブル無しで使えるBluetoothイヤホンだ。

本機は8月末からベルリンで行われたIFAで初公開され、そのときの当サイトのニュース記事にもアクセスが殺到。日本でも9月上旬に発表され、それ以来高い注目を集めてきた。完全ワイヤレスイヤホンはこれまでも存在したが、ソニーが満を持して投入することで一気に期待感が高まった。当サイトでもすでにレビュー記事をお伝えしている。

(Via www.phileweb.com)

 

SONYの完全ワイヤレスイヤホンの人気が高いようです。
SONYという安心感、3.5mmイヤホンジャックが無くなったiPhoneの普及の為でしょうか。


 
2017/09/07

WF1000X

ソニー、初の完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」 ー 25,000円で10月7日発売 - PHILE WEB:


ソニーマーケティングは、同社初となる完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」を、10月7日に発売する。価格はオープンだが、25,000円前後での実売が予想される。カラーはブラックとシャンパンゴールドの2色を展開。

(Via www.phileweb.com)


最近人気の高い完全ワイヤレスイヤホンにソニーも参戦です。
発売日は10月7日(土)で、価格は25,000円前後です。
完全ワイヤレスの分野では、圧倒的に、AppleのAirPodsが優勢ですが、ERATO Apollo7やApollo7sも良いです。


 
2017/06/08

Apollo7s 20170608

ERATO、新トゥルーワイヤレスイヤホン「APOLLO 7s」。独自DSPを新搭載/カラバリも変更 - PHILE WEB:

「APOLLO 7s」は、従来モデル「APOLLO 7」の後継となるBluetoothイヤホンで、イヤホンと音楽プレイヤー間に加え、左右のユニット間もケーブルレスとなっている完全ワイヤレスイヤホン。外形寸法Φ15.4×22.2mm、質量4gの小型ハウジング、最大3時間の連続再生時間など基本性能はそのままに、新たに3Dサラウンド機能「ERATO SURROUND」を搭載。「レコーディング現場をできるだけ忠実に再現すること」を目的に、内部構造の調整や独自のDSPを導入し、音像定位感を向上させたという。

(Via www.phileweb.com)


完全ワイヤレスのイヤホンにて高音質と評価の高い「APOLLO 7」シリーズの新製品が登場です。


 
2017/02/05

完全ワイヤレスイヤホン「Muse5」登場
 

ERATO、独自DSP搭載/防水対応の完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」 - Phile-web:

 

バリュートレード(株)は、米ERATO社の3Dサラウンド機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」を2月10日から発売する。価格は21,880円(税抜)。本日2月2日よりeイヤホン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、AppBank Storeにて先行予約を開始。なお、ブラック/ホワイト/ローズ/ブルーの4色展開の内、ブルーのみ2月28日からの発売となる。

(Via phileweb)

 

最近とても人気のある完全ワイヤレスイヤホンに新型が登場です。
つい先日、完全ワイヤレスイヤホン5種類を比較した記事が出ていて、考察を書いておりました。
その中でおすすめだったのは、ERATO Apollo7でした。
そのApollo7と同じERATOから新型完全ワイヤレスイヤホン「Muse5」が2月10日から発売されます。


 

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.