2017/09/15

MX Ergo

ロジクール、7年ぶりの新作トラックボール「MX ERGO」 - PC Watch:

株式会社ロジクールは9月6日、ハイエンド向けのワイヤレストラックボール「MX ERGO」を発表した。ロジクールストアでの直販価格は13,910円。9月22日より販売を開始する。

 同社の「M570」以来、7年ぶりとなるトラックボールの新製品。最上位マウスのMX MASTER 2Sなどの称号でもある“MX”を冠したトラックボールとなり、究極の快適性と操作性を実現するために「より自然に近い手のポジション」を取り入れたという。

(Via pc.watch.impress.co.jp)


少し前のニュースとなりますが、LogicoolがM570t以降出していなかった新作のトラックボールを出すそうです。


 
2015/07/10



最近、新たなトラックボールを使うようになりました。
ELECOMのワイヤレストラックボール M-XT1DRBKです。
これが値段の割りというか値段を抜きにしても使いやすく、私の中で久々のヒット商品です。

家では、LOGICOOLのM570tを使っていますが、会社では、今回購入したM-XT1DRBKを使い始めました。
値段を考えると、ELECOMのトラックボールで良いと思います。

M-XT1DRBKにはカーソル速度を落とすボタンも用意されていて、トラックボールを使っている人には分かると思いますが、合わせたいポイントにうまく合わないことがたまにあると思います。
そのイライラを解消してくれる便利ボタンです。

ボールに違和感がある方は、LOGICOOLのボールも合うらしいです。
そしてLOGICOOLでボールだけも売っているようなので、取り替えても良いかもしれません。

私は特に違和感なく使えているので、変更することもなくそのまま使うつもりです。
しかし、以前にM570が壊れて保証期間内だったのでM570tに交換してもらい、M570のボールだけ取っておいたような気がするので、試しに変えてみようかなとも思っています。

トラックボールは多分Logitech Cordless TrackMan FXから使い始めて、Microsoft、Kensington、Logicool、Elecomと使ってきていますが、使い勝手は悪くないですね。
MicrosoftのTrackball Explorerが一番使いやすかったのは変わりなく、そのせいでなかなか親指コロコロに戻れなくM570で戻ってきて、M570t、Elecomと最近の親指コロコロは悪くないです。
家ではiMacで利用しているのでMagic Trackpadと併用です。
両方とも良いところがあるので使い分けてます。

最近またトラックボールが盛り返してきた(?)
新しい製品が登場するので、とてもうれしいです。
一度使い始めちゃうとなかなか手放せないトラックボール。
はまってみてはいかがでしょうか。



リストレストもあると痛くならないです。

 
2015/05/11

【価格改定のお知らせ】Ultimate Ears、ロジクール製品5月12日(火)値上げ | eイヤホンのブログ

5月12日(火)
Ultimate Ears
ロジクール
価格改定実施!


eイヤホンさんの情報では、5/12(明日)からUltimate Ears商品を値上げするようです。
ここ数ヶ月、他の海外製品も値上げラッシュでしたが、Ultimate Earsもだそうです。

結構な値上げ幅ですので、気になっている方は値上げ前といっても今日しかありませんが買った方が良いと思います。

私はUE900sにSpinfitの組み合わせで聴いております。
簡単なレビューはこちらこちらにありますが、高音がきれいに伸びて私はとてもお気に入りです。

 
2015/03/25

ロジクールが最上位マウスMX Master発表。自動切替高速ホイール復活、Bluetoothと独自無線両対応 - Engadget Japanese

ついに自動切り替え版高速スクロールホイールが復活します。ロジクールが、新たな最高級モデルとなる7ボタンワイヤレスマウス『MX Master』を発表しました。発売は4月2日。価格はオープンですが、ロジクール直販とAmazonでの実売は1万2880円(税別)です。

特徴は、2006年に発売されたMX Revolution(MX-R)に搭載された(そして後継的モデルでは省略されたため、MX-Rに大幅プレミアが付く要因ともなった)自動切り替え版高速スクロールホイールと、親指側ホイール『サムホイール』が復活した点。さらに同社独自のUnifyingとBluetooth Smartへの2種類の無線接続への対応、接続方法に関わらず3台までの本体をサポートするマルチペアリング対応など、実用的な機能も搭載します。


おぉ、これは待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。
自動切り替え高速スクロールが無くなって、旧MX-Rを買おうにもとても高くなっていて、買うのを断念した思い出があります。(今、Amazonでは39800円みたいです…)
高速スクロールが心地よい最高級マウスMX-Rの後継ですので、これは人気が出そうですね。
私はめっきりトラックボール派になってしまったので、Microsoftがまたトラックボールを復活してくれないかとずっと願っています。
しかし、このマウスは別格なのでまた、マウスへ戻るかもしれません。

現在は、M570tを絶賛愛用中で、私の初代トラックボールも親指スクロールでしたので、大分慣れましたが、MSのTrackball Explorerだけは別格の使いやすさでした。
ロジクールも頑張ってるからMSもがんばって復活してくれないかなぁ。


 

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.