2019/04/02

Master+%26+Dynamic%28%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%26%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%29+%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3+MW07+Bluetooth4.2+NFMI%E6%8E%A5%E7%B6%9A+IPX4+%E9%98%B2%E6%BB%B4%E4%BB%95%E6%A7%98+AAC%2C+Apt-X%E5%AF%BE%E5%BF%9C+%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%86%8D%E7%94%9F%E7%B4%843.5%E6%99%82%E9%96%93+%E6%9C%80%E5%A4%A714%E6%99%82%E9%96%93%E5%86%8D%E7%94%9F+%E5%84%AA%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%A3%85%E7%9D%80%E6%84%9F+%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%86%E3%83%BC%E3%83%88%E7%B4%A0%E6%9D%90+%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%A3%BD%E5%85%85%E9%9B%BB%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B9+%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B5%E3%83%A0+%E3%80%90%E5%9B%BD%E5%86%85%E6%AD%A3%E8%A6%8F%E5%93%81+%E4%BF%9D%E8%A8%BC%E6%9C%9F%E9%96%932%E5%B9%B4%E3%80%91

1,300円から買える! 新生活にオススメの高コスパイヤホン一挙紹介。完全ワイヤレスから有線まで (1/3) - PHILE WEB:

2019年もあっという間に3ヶ月が過ぎて、4月となった。春、新生活のシーズンとなる。もうすぐ元号が変わることもあるし、気分を一新するためにも身近な存在から、たとえばイヤホンを新調してみてはいかがだろうか。
音が変われば気分も変わるのは確か。特に、スマートフォン純正の付属品を使っている人、壊れるまで交換か考えていなかったという人には、ぜひともこの春はイヤホンを新調してもらい、音楽をよりよい音で、アクティブに楽しんでもらえたらと思う。

(Via www.phileweb.com)


新生活が始まったから、これから始まる方、イヤホンの揃えは大丈夫でしょうか。
特に、今年から通勤、通学が始まる方には、音質の良いイヤホンがあるだけで気分が変わると思います。


 
2017/06/18

Auglamour R8-J

出展:AV Watch

 

ニューモデル登場!AUGLAMOUR R8が大幅にブラッシュアップされた! -eイヤホンのブログ:

 

D型ドライバ1基でかなりいい音。圧倒的なインパクトでした。安い、安す過ぎる。(実際僕も買ってしまった)

 

そんな、R8が。

 

大幅に、ブラッシュアップされました!

 

【AUGLAMOUR × e☆イヤホン コラボモデル】

AUGLAMOUR R8-J

(Via www.e-earphone.jp)

 

Auglamour R8がブラッシュアップされたそうです。
元々中国製のイヤホンだったものに対し、e☆イヤホンのスタッフと共に日本限定商品を作ったそうです。 5000円以下での音質や付属品でのコスパ最強を謳っていたAuglamour R8ですが、ここ最近はたくさんの5000円以下商品が出てきていて、少し影が薄くなってきていましたが盛り返すことはできるでしょうか。


 
2017/01/02

おすすめワイヤレスイヤホン

厳選! 2017年にブレイクするワイヤレスイヤフォン (1/3) - ITmedia LifeStyle:


最新のiPhone 7からイヤフォン端子がなくなってしまったので、「今年こそワイヤレスイヤフォンを」と思い立ち、自分にぴったりな1台を探し求めている方もいるのでは。今回は装着スタイルや用途ごとに異なるワイヤレスイヤフォンの特徴をそれぞれに整理しながら、より快適なポータブルオーディオライフを探ってみたい。

(Via www.itmedia.co.jp)

 

iPhone7が発売されてからというもの、イヤホン界隈では、ワイヤレスの記事をよく見かけるようになりました。


 
2016/12/13

ベリリウム振動板の低価格イヤホン
 

ハイレゾ対応で3,000円を切る、ベリリウム振動板のイヤフォン。ドスパラから - AV Watch:

 

ドスパラは、ベリリウム振動板を搭載したイヤフォン「DN-914266」を12月12日より発売した。直販サイトの上海問屋限定販売で、直販価格は2,999円(税込)。再生周波数帯域は20Hz~40kHzで「ハイレゾ対応」を謳う。カラーはピンク、ブルー、グリーンの3色。

(Via av.watch.impress.co.jp)

 

低価格で良さそうなイヤホンがドスパラ(上海問屋)から登場です。
振動板にベリリウムを使っているのにもかかわらず低価格というのが売りのようです。
ベリリウムを使うことで、中高音域がきれいな音になるそうです。音伝導の効率が良いのが理由なのでしょうか。
ベリリウムを使っている他のイヤホンは、高級機のLyraもそうですね。
また、このイヤホンは40kHzまで出せますので、一応ハイレゾ対応と言うことのできるイヤホンです。
音を聴いていないのでイメージですが、女性ボーカルの伸びやかな声を表現できるイヤホンだと思います。
またかわいらしい形と色ですので、女性受けが良さそうなイヤホンですね。


 
2016/12/08

Pinnacle P1
 

安くなっていましたのでPinnacle P1を購入しました。
ケーブルが先に来てしまいましたので、昨日はUE900s+ORB Clear forceでしたが、今日はPinnacle P1にORB Clear force、イヤピースはもちろんacoustic effectです。
最初はアンバランスで聴こうかと思いましたが、散々アンバランスを試聴したので、最初からバランスにしてみました。


 
2016/12/05

Pinnacle P1

以前から気になっている「Pinnacle P1」ですが、依然と比べて5000円以上値段が下がっています。
最安はAmazonの17,800円(Amazonポイント1,068pt)→実質16,732円です。
楽天カードをお持ちの方は、楽天の方が数量限定ですが、安いです。
17,800円の8倍ポイント(1,424pt)→実質16,376円です。


 
2016/11/18

3000円未満で買うことのできるBluetoothイヤホン。aptX対応!

【本日発売】巷で人気の低価格ワイヤレスイヤホン!TaoTronics(タオトロニクス)お取り扱い開始! -eイヤホンのブログ:

本日より

e☆イヤホン全店にて販売開始!

 ※もちろんWEBでも買えます!

(Via www.e-earphone.jp/blog)


アメリカでは1日2000個売れるイヤホンとのことです。
Bluetooth4.1でaptx対応のワイヤレスイヤホンが何と、3000円未満です。


 
2016/03/15

AuglamourR8

e☆イヤホン、4500円のメタル合金イヤホン「Auglamour R8」を独占販売 - Phile-web:

e☆イヤホンは、“AUGLAMOUR(オーグラマー)”ブランドのイヤホン「R8」を2月20日から各店舗で独占販売する。価格は4,500円(税込)。

 

AUGLAMOURは、2013年末よりECサイト等にてイヤホン事業を開始した新鋭ブランド。今回発表のR8は、5,000円以下という低価格帯を実現しながら、ハウジングにメタル合金を採用するなどデザインや音質にこだわって開発されたというモデル。カラーはブラックとシルバーの2色をラインナップしており、ブラックは鏡面仕上げ、シルバーはヘアライン仕上げを施している。

(Via www.phileweb.com)


中国製のイヤホン「Auglamour R8」が巷で人気です。
今まで格安だけど比較的音が良いことでコスパ最強と言われていた「PHILIPS SHE9720」を凌駕するイヤホンとのことです。


 
2015/11/17

リビングとダイニングの電球をLED電球に替えました。
今までは、何年使ったか覚えていないくらい前の蛍光灯タイプの電球をつけていましたが、とうとう点かなくなってしまいました。
これを機にLEDへ替えることにしました。

 

LEDは長持ち、省電力だけど暗いというイメージを持っていましたが、最近はかなりの広範囲をまかなえるようになっているのですね。
逆に、蛍光灯タイプの電球よりも明るいですね。


 
2015/07/23

X5 2nd


昨日、たまたま寄った量販店にFiio X5 2ndが置いてあったので聴いてきました。

最初に聴いた時に、微妙な音だなと思ったらイコライザがオンになっていました。
イコライザは相変わらずダメですね。

SDカードもガードされていなかったので、普段聴いているSDカードを入れて、イコライザをNormalにして聴きました。X3はOFFですが、X5はNormalなんですね。

X3 2ndとの比較となりますが、音はよく出る感じを受けました。
X3の中高音はそのままに低音が増す感じですかね。
なので、迫力があるなと感じました。
迫力がある分、聴き疲れはするかもとも思いました。
個人的にはあまり固い音とは感じず、X3 2ndにちょっと付け足した感じを受けました。
2曲程度しか聴いてませんので、ちゃんと使えば印象は変わると思います。

ただし、それ以前に気になったのがUIというかファームの出来がいまいち。
もっさり、もっさり。個体差なのかわかりませんが、すべての動作がワンテンポ遅れて付いてくる感じ。
これだと、使い続けるには結構辛いかな。
今後のファームで変わるとは思いますが、X3 2ndを使っているのでそう思うわけで、iPod、Walkmanの代わりを探して手に取った方は、そっと返すのではないでしょうかね。
急いで出しちゃったのか分かりませんが、もうちょっと完成度を高めて欲しかった。

大きさも先代X5よりかは小さくなったと思いますが、ちょっと大きいかなと思いました。
X3やX1と比べると形は同じなのですが安っぽい感じを受けました。
見た目では隣にあったX1のゴールドが結構良かったです。

現段階において、トータルで考えると、コスパ、音、大きさなど総合的に見てX3 2ndが良いのでは無いでしょうかね。

X5にはSDカードが2枚入るので128GBで足りない方にはX5なのでしょうが、128GBで足りる方は、X3 2ndが良いかなぁ。
個人的におすすめするなら、X3 2ndですね。

元気な音のWalkman。
UI秀逸のiPod Touch。

色々聴いて好きなのを使えば良いと思いますがX3 2ndのコスパはやっぱり良いです。
   
 
1 / 2 /

Copyright © Rocomotion