2017/12/31

あっという間に2017年も終わりを迎えようとしています。
そこで2017年を振り返ってみることにします。


 
2015/07/13

DSD 5.6MHz対応ハイレゾプレーヤー「FiiO X5 2nd」。実売55,500円 - AV Watch
 
小柳出電気商会は、5.6MHz DSD再生に対応したポータブルオーディオプレーヤー「FiiO X5 2nd generation」を7月17日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は55,500円前後。


X5 2nd Editionの発売が決まったようです。
値段はX5 Japanese Editionと同じくらいですかね。
X5からどの程度かわって、X3 2ndとどのくらいの差があるのでしょうかね。
大きさは大分小さくなっているようですので、良いですね。

SDカードも2枚入るので、64GBとか128GBで容量が足りない方にはこれ一択でしょうね。

今度どこかで聴いてみよう。
 
 
2015/07/04

昨日、Fiio X3 2ndのファームウェアを1.11betaにしてみました。
音の歪みは直りました(多分SDカードの初期化のおかげ)

気になる点が1点。
電源入れた後、再生前に本体からカチカチ音がするようになりました。
何かのスイッチを切り替えているような感じです。
なんでしょうね。

まぁ最初だけなのでそこまで気になるわけでは無いですけど、ハード的に音がするのは故障かと思うので気になりますね。

あと、1.11betaの更新内容の一つ。
再生画面でBackボタンの長押しを行うと、再生中のFolder/Album/etc.へ移動

これは、多分、短押しだと思います。

今までは、
プレイリスト→再生→電源断→電源入→自動再生→戻る(短押し)→ランチャー画面だったのが、戻る(短押し)→プレイリストと普通の動きをするようになりました。

他は特に気になるところは無いですね。
 


X1も聴いてみたいな。

 
 
2015/05/01

X3 2nd generation of FiiO JP
 
X3 2nd generation - ポータブル・ハイレゾ・ミュージックプレイヤー
2013年9月に発売された「FiiO X3」は、FiiOのハイレゾプレイヤー「Xシリーズ」の記念すべきファーストモデルであり、そのコストパフォーマンスの高さと時代のニーズに即した機能により、多くのユーザーに受け入れられ、その後登場したX5、そしてX1の開発におけるベースとなりました。 そして2015年5月、前年末に発売し好評を得たX1のユーザーインターフェイスを継承しつつ、ファーストモデルの機能をよりグレードアップさせた第二世代モデルとして、「FiiO X3 2nd generation」がここに登場します。


5月15日発売だそうです。
税抜き34,000円前後と記載されてますね。 税込みだと35,000円超えますね。
30,000円切ったら面白かったのにな。

海外直輸入のお店だと税込み28,980円なので、ちょっと高めですね。
海外直輸入のお店でも1年保証が付いているので、どちらが良いのでしょうね。

少し足すとX5にも手が届くし、X1だと半額くらいなので、なかなか微妙…絶妙な金額かもしれませんね。

私はX3は重さも音もかなり満足しているので、X5は重いと思う方にはX3は良い選択肢だと思います。
重さが気にならない方はX5か夏頃予定されているX5 2ndを待つのも良いかもしれませんね。
   
 
2015/04/26

Fiio x3 2nd


先週ポチったFiio X3 2ndを聴いてみました。
これまで音楽はほぼiPod系でした。

iPod nano → iPod Touch(2nd)→iPod Touch(4th) → iPhone4s → iPhone5s → NW-M505 → iPhone5sときて、今回Fiio X3 2ndです。
その前はCreaiveのMP3プレーヤーも使ってました。

今までハイレゾに興味が無かったのですが、たまたま聴いたハイレゾがとても良くて、iPhone5sにHD Playerで聴いていました。
しかし、何となくハイレゾを鳴らせるDAPに聴いてみたくて探していたら、Fiioが格安で良いというレビューを何件か見かけ、X3 2ndがちょうど出るということで、Shenzhen AudioでFiio X3 2ndを購入しました。
初めて利用するお店でしたが、1週間ほどで到着しました。
梱包もプチプチにくるんであり、その周りを外国ではおなじみの黄色いテープでぐるぐる巻きになっており、問題ありませんでした。
またGiftで到着します。

早速聴いてみましたが、最初に聴いた時は特に感動もなく普通のプレーヤーというのが感想です。
1時間ほど聴いていると、疲れない音だなと思いました。
要は脚色無く、素直に鳴らしている感じかな。
あまり詳しく無いので音場が広いとか解像度が高いとかはよく分からないのですが、カフェとかで流れている感じで、自然に溶け込んでくる感じを受けました。
iPhoneでは高音が結構刺さる感じだったのですが、そういった感じもなく自然。
柔らかいけどクールな感じな音・・・よく分からないですね(笑)
音を説明するって難しいですね。
iPhoneもHD Playerもイコライザをフラットで聞いていましたが、X3のフラットとは違うのかなと思いました。X3は音がガチャガチャしてないです。

もうちょっと聴くとまた感じが変わるのかもしれませんが、自然で聴き疲れしないので、ずっと聴いてられそう。

使い勝手ですが、iPodで慣れていてもそこまで悪くないです。
良い点
− ボリュームコントロール
 →iPhoneの時は1つメモリを上げると大きすぎたりしましたが細かい調整がきく
− ロック調整
 →ロック時にどのキーを効くようにできるか選択できるので誤作動が少ない
− 重さ
 →重くも無く軽くもなくちょうど良いです。

(思っていたほど)悪くなかった点
− 画面解像度とTFT液晶
 →色は薄いですが画面も小さいので、逆にノスタルジックな感じが好き
− くるくるホイール
 →まぁ他のサイトにも書かれているとおり、進み過ぎたり進まなかったり。
  まぁ慣れればこんなものかと思える。
− ぷちっ
 →曲切り替わり時にプチって音が鳴りますが、特に気にはなりません。

気になる点
− iPhone用のリモコン
 →再生、停止、曲送り、曲戻しは聴くけどボリュームは効かない
− フォント
 →見づらい。初代X3にはあったみたいだけど、2ndには無いのかな。
 →(追記)Firmwareをいじることでフォント変更可能
− 曲情報
 →曲の再生時に出てくる曲の情報(24bitとか)を出す方法がわからない。
  リストから再選択のみなのかな。
 →(追記)メニューボタン?リストボタン?(左上のボタン)長押しで表示
 →戻るボタン(右上のボタン)長押しでトップへ戻る

− プレイリスト
 →フォルダからたどる。曲のところにあるのはX3単体で作った場合のみ
− くるくるホイール
 →ごみが付着しやすい
− MicroUSB
 →ちょっと堅め。
 →PCと繋いでいる時は電源落ちないで欲しい。再認識させるのが面倒

気になる点はありますが,総じて良いです。
日本でいくらで出てくるかはわかりませんが、これが240$なら有りですね。
X1もほとんど操作方は一緒だと思うので、X3よりも軽いX1でも良いかもとも思いました。海外からなら99$だし。

Walkmanのように元気な音が出るわけでも無いですし、「あれ、何か普通」というのが最初の印象でしたので、人によってはつまらないと感じるかもしれません。
イコライザも劇的に音が変わるわけでも無いと思います。
私は初期のイコライザオフで使っています。

私は、この聴き疲れしない、柔らかいけどクールな感じのX3 2ndの音は好きです。

曲転送&プレイリスト作成アプリは想定していたものと違ったので動きませんでしたが、デバッグしながら直して、今では(私の環境では)問題無く動いているので快適。
iTunesのプレイリストもそのまま使えるし、Flacを直接転送してもプレイリストを作れるし、今までずっとプレイリストで曲を聴いてきた私にとっては最強です。
プレイリストから曲自体の削除もできるようにしようかな。

アンプをつないだらどうなるのかなとかも気になります。
アンプならE12Aとかが良いのかな。
そもそもアンプ繋ぐとどうなるのかもよく分かっていないので、まずそこからだな。

良いモノを買った。

並行輸入品なら30,000円を切るお店もありますね。
     
 
2015/02/13

NW-ZX2 | ポータブルオーディオプレーヤー ウォークマン | ソニー


ハイレゾ音源もMP3も。磨き抜かれた高音質で
高音域再生におけるノイズ除去性能を高めた、ハイレゾ音源対応のフルデジタルアンプ「S-Master HX」(*1)を搭載し、繊細な空気感や臨場感あふれるきめ細かなサウンドを体感できます。また、MP3などの圧縮音源やCD音源をハイレゾ相当の高解像度音源にアップスケーリング(*2)する「DSEE HX」(*3)を搭載。DSD対応性能についても強化し、DSD64(2.8MHz)に加え、DSD128(5.6MHz)の再生(*4)に対応しています。NW-ZX2は、ハイレゾ対応プレーヤーとして、そしてウォークマンのフラッグシップモデルとして、お持ちの音源を存分に楽しむための高音質を徹底的に追求しました。

ハイレゾといえば、AKシリーズなのかもしれませんが、個人的には国産ソニーを推したいですね。
NW-ZX1をお店で聞いた時には、本当素晴らしい音でずっと聴いていたいと感じました。


 

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.