2017/06/18

Auglamour R8-J

出展:AV Watch

 

ニューモデル登場!AUGLAMOUR R8が大幅にブラッシュアップされた! -eイヤホンのブログ:

 

D型ドライバ1基でかなりいい音。圧倒的なインパクトでした。安い、安す過ぎる。(実際僕も買ってしまった)

 

そんな、R8が。

 

大幅に、ブラッシュアップされました!

 

【AUGLAMOUR × e☆イヤホン コラボモデル】

AUGLAMOUR R8-J

(Via www.e-earphone.jp)

 

Auglamour R8がブラッシュアップされたそうです。
元々中国製のイヤホンだったものに対し、e☆イヤホンのスタッフと共に日本限定商品を作ったそうです。 5000円以下での音質や付属品でのコスパ最強を謳っていたAuglamour R8ですが、ここ最近はたくさんの5000円以下商品が出てきていて、少し影が薄くなってきていましたが盛り返すことはできるでしょうか。


 
2017/06/14

Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD

シャオミのイヤホンが日本上陸。3千円台のハイブリッド型ハイレゾ対応機「Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD」 - PHILE WEB:


TJC(株)は、中国の総合家電メーカー小米(Xiaomi、シャオミ)の正規代理店となったことを発表。ハイレゾ対応イヤホン「Xiaomi Mi In-Ear Headphones Pro HD」を、直販サイト「StarQonline」、Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天市場(順次展開予定)にて、6月16日から発売する。価格は3,498円(税込・送料込)。カラーはシルバーのみ。

(Via www.phileweb.com)


Xiaomiのイヤホンが買えるようになります。
正確には、並行輸入品ではなく、正規代理店経由で購入が可能になります。


 
2017/06/08

Apollo7s 20170608

ERATO、新トゥルーワイヤレスイヤホン「APOLLO 7s」。独自DSPを新搭載/カラバリも変更 - PHILE WEB:

「APOLLO 7s」は、従来モデル「APOLLO 7」の後継となるBluetoothイヤホンで、イヤホンと音楽プレイヤー間に加え、左右のユニット間もケーブルレスとなっている完全ワイヤレスイヤホン。外形寸法Φ15.4×22.2mm、質量4gの小型ハウジング、最大3時間の連続再生時間など基本性能はそのままに、新たに3Dサラウンド機能「ERATO SURROUND」を搭載。「レコーディング現場をできるだけ忠実に再現すること」を目的に、内部構造の調整や独自のDSPを導入し、音像定位感を向上させたという。

(Via www.phileweb.com)


完全ワイヤレスのイヤホンにて高音質と評価の高い「APOLLO 7」シリーズの新製品が登場です。


 
2017/05/20

Final エントリーモデルE2000,E3000登場

finalのかなり評判の良い低価格なイヤホンが先日発売になりました。
「E2000」と「E3000」です。
価格としては、E2000が4000円くらいで、E3000は5000円くらいの比較的買いやすい価格帯のイヤホンです。

そのためか、いろいろなところで売り切れとなっております。


 
2017/05/18

Just earにSONYロゴが・・・

 

今まで、【発注するまでの長い道のり編】【耳型採取編】、そして、【刻印内容&音質調整楽曲準備編】を書きました。
今回は、【音質調整編】です。


 
2017/05/17

Just earにSONYロゴが・・・

 

今まで、【発注するまでの長い道のり編】【耳型採取編】を書きました。
今回は、【刻印内容&音質調整楽曲準備編】です。


 
2017/05/16

Just earにSONYロゴが・・・

 

昨日は、【発注するまでの長い道のり編】を書きました。
思っていたよりも長くなってしまいましたので、分割することにしました。
今回は、【耳型採取編】です。


 
2017/05/15

Just earにSONYロゴが・・・

先週、Just earの音質調整モデル「XJE-MH1」の音質調整に行ってきました。
1年くらい悩みに悩んでいたカスタムイヤホン「Just ear XJE-MH1」をヘッドホン祭の最終日に注文していました。


 
2017/05/14

Final エントリーモデルE2000,E3000登場
 

【聴いてみた】5000円代で買えるfinalの新製品 E2000とE3000を聴き比べてみた【5/18発売予定】 -eイヤホンのブログ:

 

E2000とE3000の大きな違いはハウジングの素材で、

ドライバーは共通の6.4mmφダイナミック型ドライバ—を使っております。

 

見た目だけでなく音も別物です!

価格的にはE3000のほうが少しだけ上ですが、

上位モデルだから音が良いというわけではなく、

それぞれキャラクターが違うので好みで選んでいただいて問題ありません。

 

finalのイヤホンといえばBA一発の高級イヤホンというイメージですが、

今回のEシリーズはなんと5000円代で買えてしまうんです。

(Via www.e-earphone.jp)

 

この間のヘッドフォン祭りでも評判の良かったfinalのエントリーモデル「E2000」と「E3000」のレビューが出ております。
finalと言えば落ち着いた雰囲気でゆったりとした曲に良く合う印象ですが、どのモデルも良いお値段がしますので、手を出しづらいイヤホンでした。
しかし、今回エントリーモデルということで、5000円代で購入が可能になりましたので、手を出しやすくなりました。


 
2017/04/28

JustearにSONYロゴが・・・
 

4月1日からJust earはソニーエンジニアリング株式会社から、ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社に移りました。
両方ともソニーなので何が変わるのかと思うのですが、簡単に言うと頑張った結果、認められ、ソニー製品に加わったということです。

よって、いつかはそうなるのでは無いかと思いましたが・・・ 5月1日よりハウジングの部分に「SONY」のマークが刻印されるようになります。


 
1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 /

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.