2015/04/30

昨日から配布を開始したTransferですが、ドラッグアンドドロップで既存プレイリストに曲を追加するときには、パスを見てプレイリスト内に同じファイルが入らないようにできる機能をつけてみました。
重複で入れたい場合もあると思うので、ON/OFF付き。
パスが違う場合(アルバムが違うなど)は別と扱います。

Transferのダウンロード

これで、自分的には十分なアプリになった。
よかったよかった。
 
2015/04/29

Fiio X3 2ndを楽しく使っていますが、プレイリストの作成に難があるということで、プレイリストを簡単に作れるアプリを作成していました。
テストではうまくいってても、実際の転送やプレイリストの並び替えや削除ではたまにアプリが落ちていたのですが、自分の使い方では落ちなくなりました。

今週末あたりに日本でもX3 2ndが発売されるみたいなので、配布してみようかと思います。
BlackBerryアプリ以外でのアプリ配布は初なのでどうかな。
 

◎ 何で作ったか


FiioはAndroid系と同じで曲をSDカードに入れれば再生ができます。
プレイリストを使わない方には全く問題ありません。
iPodやiPhoneを使っていた方はiTunesが基本なので、結構面倒です。
私は好きなところに置けば良いと言われるとどうしていいか分からなくなります(笑)
それでもプレイリストを使わなければ、曲をコピーするだけで良いので、まぁまだ良いです。
しかしプレイリストを使うとなると、何かのアプリ(MacだとVLCとか?)でm3uのプレイリストを書き出して、中身を修正して、SDカードに入れて、そのプレイリストを選択するという形になります。面倒です。

また、FiioのUIも微妙なので、曲がたくさん入っていると選ぶのも大変です。
曲がいっぱい入っているほどプレイリストが無いと辛いかなと思います。
私はそんなに曲は入れてませんが、今までずっとプレイリストを使ってきました。
アルバム単位でもプレイリストを作って、プレイリストを選択して聞いていました。
アルバムとかで選ぶことをしていなかったのでプレイリストに難があると辛いです。
そこで、Swiftの勉強も兼ねてこのアプリを作りました。
 

◎ このアプリでできること


大雑把に言うと、【曲の転送とプレイリストの作成】です。
細かく言うと
1. iTunesのプレイリストをそのまま使用できます
2. ファイルのドラッグアンドドロップでもできます
3. ファイルが重複しないように、iTunesと同じディレクトリ階層で配置します
4. プレイリストを自動的に作ります
5. 曲を追加時に新規プレイリストにするか、既存に追加するか選択できます
5. プレイリストの並び替え・削除ができます
6. プレイリストから削除した際に曲を削除することもできます

Fiio用に作っていますが、Androidとかでも使えるかもしれません。
ある程度汎用的に作りました。
 
2015/04/28

東京ディズニーシーに「アナ雪」エリア! 今後の開発構想を一部発表 - ねとらぼ

オリエンタルランドは4月28日、東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの開発構想について一部のテーマ方針を発表した。「美女と野獣」「アナと雪の女王」のエリアが登場する。


ラプは????
一部って書いてあるので、取ってあるのかな。

どうなるのかな。

楽しみだな。

その頃は、まだ年パス持っているかなぁ。。。

 
2015/04/27

今日は、Fiio X3 2ndを持ち出してみました。
外で聴いても、あいかわらずきれいな音で無理の無い感じ。

ただ一つ気になった点が、少し暖かくなること。
iPhoneもNW-M505も暖かくならなかったので、結構がんばってるのかなと思います。
熱くて持てないとかそんなでは無く、かといってほんのりという感じでもなく、その中間な感じです。

昨日、家の中で聴いていた時は全く思わなかったので、スーツの内ポケットに入れているせいかなと思います。

熱が逃げるところがあれば、暖かくもならないと思います。

iPhoneも悪くないけど、Fiioの方が聴き疲れしなく、きれいな透明な音がするので、お気に入りです。

X5も聴いてみたいな。
夏頃のX5 2ndも気になり始めた。ただX5は重さがネックかな。
 
 
2015/04/26

買うか悩んでいたのですが、結局、Blu-rayで買って見直しました。


「ベイマックス、もう大丈夫だよ。」
何回観てもウルウル・・・



観ていない方は、ゴールデンウィークにでもぜひ観てください。
 
 

Fiio x3 2nd


先週ポチったFiio X3 2ndを聴いてみました。
これまで音楽はほぼiPod系でした。

iPod nano → iPod Touch(2nd)→iPod Touch(4th) → iPhone4s → iPhone5s → NW-M505 → iPhone5sときて、今回Fiio X3 2ndです。
その前はCreaiveのMP3プレーヤーも使ってました。

今までハイレゾに興味が無かったのですが、たまたま聴いたハイレゾがとても良くて、iPhone5sにHD Playerで聴いていました。
しかし、何となくハイレゾを鳴らせるDAPに聴いてみたくて探していたら、Fiioが格安で良いというレビューを何件か見かけ、X3 2ndがちょうど出るということで、Shenzhen AudioでFiio X3 2ndを購入しました。
初めて利用するお店でしたが、1週間ほどで到着しました。
梱包もプチプチにくるんであり、その周りを外国ではおなじみの黄色いテープでぐるぐる巻きになっており、問題ありませんでした。
またGiftで到着します。

早速聴いてみましたが、最初に聴いた時は特に感動もなく普通のプレーヤーというのが感想です。
1時間ほど聴いていると、疲れない音だなと思いました。
要は脚色無く、素直に鳴らしている感じかな。
あまり詳しく無いので音場が広いとか解像度が高いとかはよく分からないのですが、カフェとかで流れている感じで、自然に溶け込んでくる感じを受けました。
iPhoneでは高音が結構刺さる感じだったのですが、そういった感じもなく自然。
柔らかいけどクールな感じな音・・・よく分からないですね(笑)
音を説明するって難しいですね。
iPhoneもHD Playerもイコライザをフラットで聞いていましたが、X3のフラットとは違うのかなと思いました。X3は音がガチャガチャしてないです。

もうちょっと聴くとまた感じが変わるのかもしれませんが、自然で聴き疲れしないので、ずっと聴いてられそう。

使い勝手ですが、iPodで慣れていてもそこまで悪くないです。
良い点
− ボリュームコントロール
 →iPhoneの時は1つメモリを上げると大きすぎたりしましたが細かい調整がきく
− ロック調整
 →ロック時にどのキーを効くようにできるか選択できるので誤作動が少ない
− 重さ
 →重くも無く軽くもなくちょうど良いです。

(思っていたほど)悪くなかった点
− 画面解像度とTFT液晶
 →色は薄いですが画面も小さいので、逆にノスタルジックな感じが好き
− くるくるホイール
 →まぁ他のサイトにも書かれているとおり、進み過ぎたり進まなかったり。
  まぁ慣れればこんなものかと思える。
− ぷちっ
 →曲切り替わり時にプチって音が鳴りますが、特に気にはなりません。

気になる点
− iPhone用のリモコン
 →再生、停止、曲送り、曲戻しは聴くけどボリュームは効かない
− フォント
 →見づらい。初代X3にはあったみたいだけど、2ndには無いのかな。
 →(追記)Firmwareをいじることでフォント変更可能
− 曲情報
 →曲の再生時に出てくる曲の情報(24bitとか)を出す方法がわからない。
  リストから再選択のみなのかな。
 →(追記)メニューボタン?リストボタン?(左上のボタン)長押しで表示
 →戻るボタン(右上のボタン)長押しでトップへ戻る

− プレイリスト
 →フォルダからたどる。曲のところにあるのはX3単体で作った場合のみ
− くるくるホイール
 →ごみが付着しやすい
− MicroUSB
 →ちょっと堅め。
 →PCと繋いでいる時は電源落ちないで欲しい。再認識させるのが面倒

気になる点はありますが,総じて良いです。
日本でいくらで出てくるかはわかりませんが、これが240$なら有りですね。
X1もほとんど操作方は一緒だと思うので、X3よりも軽いX1でも良いかもとも思いました。海外からなら99$だし。

Walkmanのように元気な音が出るわけでも無いですし、「あれ、何か普通」というのが最初の印象でしたので、人によってはつまらないと感じるかもしれません。
イコライザも劇的に音が変わるわけでも無いと思います。
私は初期のイコライザオフで使っています。

私は、この聴き疲れしない、柔らかいけどクールな感じのX3 2ndの音は好きです。

曲転送&プレイリスト作成アプリは想定していたものと違ったので動きませんでしたが、デバッグしながら直して、今では(私の環境では)問題無く動いているので快適。
iTunesのプレイリストもそのまま使えるし、Flacを直接転送してもプレイリストを作れるし、今までずっとプレイリストで曲を聴いてきた私にとっては最強です。
プレイリストから曲自体の削除もできるようにしようかな。

アンプをつないだらどうなるのかなとかも気になります。
アンプならE12Aとかが良いのかな。
そもそもアンプ繋ぐとどうなるのかもよく分かっていないので、まずそこからだな。

良いモノを買った。

並行輸入品なら30,000円を切るお店もありますね。
     
 
2015/04/24

明日の朝くらいまで、Roco Cleanerのキーを無料で発行します。

もう使われてる方も少ないBlackBerryですが、ご入り用の方はこの機会にどうぞ。

昔のRoco Calキャンペーンと同じですが、端末固有となりますので、本体交換になった場合は使えなくなります。

ご容赦ください。

以下のサイトからどうぞ。
終了後にサイトはクローズします。

Gift From Rocomotion 終了しました。
 

Swift第2弾でFiio用の転送&プレイリストソフトを作りましたが、プレイリストにどんどん入れられるけど、並び替えたいよなと思って、プレイリストの編集機能を付けてみました。

今回つけたのは、プレイリスト内の曲の並び替え、曲の削除の機能です。

カスタムセルの設定の仕方に難儀して、フォーカス当たったときの色の変更の仕方に難儀しましたが、無事にできました。

これで、flac突っ込んでプレイリスト作って、並び替えたり聴かなくなった曲をプレイリストから消したりも簡単にできるようになりました。

準備は万端ですが、実機は今夜あたりかな。
実機よりもアプリの方に興味があったりw

Swiftには結構慣れた。けれどまだまだだな。
思った通りにやるには時間がかかる。
 
 
 

「うんこが漏れない世界を」世界待望のデバイスDFree予約開始 中西敦士代表インタビュー - 週アスPLUS

「うんこを漏らすのは大変だ」

 トリプル・ダブリュー・ジャパン中西敦士代表は『DFree』(ディーフリー)開発のきっかけを自身の体験をもとにそう語った。

 DFreeは、おなかに貼るだけで便や尿が「10分後に出ます」という情報をスマートフォンに通知する排泄予知デバイスだ。4月24日からクラウドファンディングのREADYFORで予約販売を開始した。価格は2万4000円。2016年2月出荷予定。


面白くなるように書いてあるけど、画期的な商品だと思う。
大手ではできないことをやってると思う。
Apple Watchより、こっちの方が断然欲しい。
長い時間電車に乗る人には分かると思うけど、かなりの死活問題。
いつ頃か分かれば、その後のスケジュールも決められるし、不安も払拭されればストレスも減る。
良いことずくめだ。

おなか周りにずっと付けておかなければいけないのは気になるけど、とても楽しみな商品。

その前に、うんこがIoTで「でるよー」って通知してくれればいいのに。
 

格安SIMの通信速度、大手キャリアと差 昼に顕著に速度低下 - ITmedia ニュース

MMD研究所は4月23日、MVNO 10社が提供する格安SIMカードと、NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルの大手通信キャリア回線との間で通信速度に違いが出るかについて、都内にある同研究所内で調査した結果を発表した。

 格安SIMは朝、昼、夕で平均ダウンロード速度の差が大きく、特に昼の速度低下が著しかったが、通信キャリアは大きな差がなかった。アップロード速度は格安SIMも通信キャリアも大きな差がなかった。


それだけ、格安SIMに人が集まってるのかもしれないですね。
いろんな方に認知されてきているのでしょうね。

個人的にはWeb閲覧程度なら1MBでも10MBでもほとんど変わらないんと思ってる。
もちろん比べれば違うけど、比べず、ずっと使っていれば我慢できるレベルでしょう。
昼の1時間だけなんだから、この差のためにMNO回線にはしないな。

まぁ、お昼の1時間くらいはゆっくりしろよってことだな。

それにしても、タイトルを見るとどっちよりの記事かよく分かる。

楽天モバイルって安くて資料上も良いけど、実際はどうなんだろうな。

 
1 / 2 / 3 /

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.