真鍮ボディに金メッキ処理を施した「A&ultima SP1000M」の限定モデルが登場するぞ!


%E3%80%901%E6%9C%8818%E6%97%A5%E7%99%BA%E5%A3%B2+%E7%99%BA%E5%A3%B2%E6%97%A5%E4%BB%A5%E9%99%8D%E3%81%8A%E5%B1%8A%E3%81%91%E3%80%91Astell%26Kern+A%26ultima+SP1000M+Gold+%5BAK-SP1000M-RG%5D+%E3%80%90%E6%95%B0%E9%87%8F%E9%99%90%E5%AE%9A%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%80%91

Astell&Kern、真鍮ボディ&金メッキ処理の「A&ultima SP1000M」限定モデル“Gold” - PHILE WEB:


アユートは、Astell&Kernのハイレゾポータブルプレーヤー「A&ultima SP1000M」の限定カラーバリエーションモデル「A&ultima SP1000M Gold」を1月18日より発売する。価格はオープンだが、直販サイト価格は369,980円(税込)となる。日本では200台限定で発売される。

(Via www.phileweb.com)


SP1000MのGold Versionが登場するようです。


発売日は、2019年1月18日(金)
価格は、369,980円(税込)だそうです。



通常のSP1000Mとの違いは、以下の2点です。


  • ボディが真鍮(通常版はアルミニウム)
  • メモリが256GB(通常版は128GB)
  • ケースのメーカーが異なる
  • 重量が100g増加


通常のブルーのSP1000Mが実勢価格で27万前後。SP1000が32万前後ですので、高価ではあります。
SP1000を小型化して持ち運びがしやすくなりましたが、100gの差はずっしりくることでしょう。
しかし真鍮による音の変化は大きいかもしれません。



以下のサイトに、SP1000M Goldのレビューも出ていますのでぜひ読んでみて下さい。
価格、重さ以上のものがあるかもしれません。



SP1000では持ち運ぶのに苦労しますが、SP1000Mの大きさはとても良く、携帯するには重宝します。
重さが少し増えていますが、SP1000と比べれば軽いので、音が気に入り、価格が許容できるのであれば、とても良い買い物になるかもしれません。



--
個人的には、SR15をType-CにしてPCM32bitネイティブにした機種が出ることを楽しみにしています。
小さいは正義。
でもSP1000Mは気になる。







 
 

Newer: やっぱりfinal E3000が好き!そんなE3000も入っていると思われるfinal福袋が本日発売!

Older: e-onkyo musicで毎日1名に2019ポイントをプレゼントするキャンペーンが実施中です!

in the Astell&Kern category...

Newer: no data

Older: SE100とfripSideのコラボモデルが発売されるぞ!限定500台なので早めに予約しよう!オレンジが格好良すぎる!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion