オーディオテクニカから完全ワイヤレスイヤホンが登場するぞ!


audio-technica+ATH-CKR7TW+%E5%AE%8C%E5%85%A8%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%9B%E3%83%B3+TWS+%28%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC%29

オーディオテクニカ、“Sound Reality”シリーズの完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR7TW」 - PHILE WEB:


オーディオテクニカは、Sound Realityシリーズより、完全ワイヤレスイヤホン「ATH-CKR7TW」を11月9日に発売する。価格はオープンだが、27,000円前後での実売が想定される。本体カラーはブラックとグレーの2色をラインナップする。

(Via www.phileweb.com)


老舗のオーテクから完全ワイヤレスの登場です。 満を持しての登場となりますので、とても期待が持てます。


最近街中でもよく見かけるようになりました。
ケーブルが完全に無いことは快適なのでしょう。
私自身は使ったことが無いので・・・その快適さはわかりません。
使ってみたいとは思いながら、有線の安心感に勝てません。



さて、そんな人気の完全ワイヤレスイヤホンですが、とうとうオーテクからの登場ということでさらに人気は加速するかもしれません。
やはり、オーテクやソニーから出たら一般にも広がるのは早いです。



発売日は、11月9日(金)です。
価格は、27,000円前後です。



格安な完全ワイヤレスイヤホンも見かけますが、一般的な流通価格だと思います。
ソニーの「WF-1000X」との価格差もあまりありません。
よって、完全ワイヤレスイヤホンの界隈でもソニー対オーテクが勃発することでしょう。
このような衝突があってこそ、より良い物が出てきますので、今後の完全ワイヤレスイヤホンにも期待が持てます。



製品の装着画像を見ると、少し大きめが気はしますので、スタイル的にはいまいちな気はしますが、その分大きめのドライバを搭載していますので、音は良さそうな気がします。
大きさに比例して重さも増えます。
この完全ワイヤレスで人気のあるApollo 7sは4g、WF-1000Xが7g弱ですので、重さは多少気になるかもしれません。



音質としては、対応コーデックにaptXが含まれておりますので、音にこだわる方にも安心です。



完全ワイヤレスで気になる点といえば、混雑している場合の音切れです。
後発のオーテクは大丈夫だと思いたいのですが、レビューを待ってからの方が良いかもしれません。



今後レビューは出てくると思いますので楽しみです。



--
見た目は少し気になりますね。
質実剛健な気はしますが、もう少し小ぶりの方が良かったかなと思います。





 
 

Newer: 今年もディズニーハロウィーンに参加してきました!

Older: 今年もディズニーハロウィーンが始まったよ!ルールを守って楽しみましょう!

in the Music category...

Newer: no data

Older: お手頃になってきたので200GBのMicroSDと80D用に64GBのSDカードを購入しました!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.