ソニーから正統進化した「WH-1000XM3」が発売されるぞ!これはとても気になる!


WH1000XM3登場!

ソニー、新チップで性能強化したノイキャンBluetoothヘッドホン「WH-1000XM3」10月6日発売。4万円前後 - PHILE WEB:


ソニーは、ノイズキャンセリング機能搭載Bluetoothヘッドホンの最新モデル「WH-1000XM3」を10月6日より発売する。価格はオープンだが、市場での実売価格は40,000円前後を想定する。

(Via www.phileweb.com)


ソニーから新作ラッシュが来ています。
大まかに言うと、以下の3点が新しくなります。


  • ZX300の容量128GBモデル
  • ウォークマンAシリーズの後継機
  • ワイヤレスヘッドフォンの後継機

ZX300の後継機は容量を64GBから128GBへと増加させたモデルとなり容量以外の返還はありません。
ZX300はSDカードで容量アップができるので、この容量増加モデルは・・・繋ぎなのでしょうね。



ウォークマンのAシリーズは正統進化しています。
こだわりが無ければ、Aシリーズを買っておけば間違いはありません。
通勤通学ならAシリーズが小型軽量で音が良くバッテリーが保つので最適かもしれません。
CT10という気になる存在もありますが、バッテリーがAシリーズほど保たないのでAシリーズが最適だと思います。



さて、今回その中でも気になる存在は、ノイズキャンセリングワイヤレスヘッドフォン1000Xシリーズの最新モデル「WH-1000XM3」です。
軽量でノイズキャンセリングがとても強力です。
そして価格も手ごろなので、今回も人気となることでしょう。

詳細なレビューはこちらに記載があります。


更なる軽量化がメインですが、高速充電もとてもありがたい機能です。


充電用端子としてUSB-Type Cを採用。クイック充電機能については、10分間で5時間分の充電できるように強化された。

30時間保つバッテリーがついていますので、充電を忘れてしまうこともあると思いますが、5分の充電で1日は十分保つ高速充電はありがたいです。
こういうところが、さすがソニーと思います。



これから寒くなっていきますので、ヘッドフォンが良くなってきます。
「WH-1000XM2」は音の篭もりが気になってしまい、購入には至りませんでした。
「WH-1000XM3」で気にならなくなっているか試聴したいと思います。



デザインも、ブラックモデルには赤いワンポイントがついて格好良いです。



発売は2018年10月6日(土)の予定です。
価格は39,800円(税別)となっております。

既にソニーストアでは予約ができるようになっています。


--
SR15ももちろん気になりますが・・・
Aシリーズに1000XM3で良いような・・・
個人的にはZX300が好きなのでZX300に1000XM3が良いですね。
音の篭もりが気にならなかったら買おうかな。





 
 

Newer: Astell&Kernから最高峰SP1000を小型軽量化した「SP1000M」が発表!

Older: 「けものフレンズLIVE」と「PPP LIVE」へ参加しました!

in the Sony category...

Newer: no data

Older: ソニーの完全ワイヤレスイヤホンなど4製品に好みのディズニー柄を刻印できるサービスが開始したぞ!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.