耳をふさがない完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」の魅力が載っています。気になる方は読んでおきましょう!


Xperia Ear Duo

耳をふさがない“スマートな”完全ワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo」登場! “デュアルリスニング”の魅力とは? (1/4) - PHILE WEB:


ソニーからまた一つ画期的なワイヤレスイヤホン「Xperia Ear Duo/XEA20」が誕生した。この製品はシンプルに音楽を聴くための用途だけでなく、独自のボイスアシスタント「Assistant for Xperia」や、本体に内蔵する各種センサーの情報を集めて素速く処理するソニー製のスマートセンシングプロセッサー「CXD5602」によるスマートな体験を実現している。

(Via www.phileweb.com)


耳を塞がないイヤホン「Experia Ear Duo」の魅力が語られています。 耳を塞がないだけではなく魅力的な機能が多い製品となっているので、気になっている方は読んでおきましょう。


おおまかな機能としては以下の通りです。


  • 音楽を聴く
  • スマホとペアリングした場合はハンズフリー
  • タッチパッド、音声、ヘッドジェスチャーによるメッセージの送受信
  • radiko.jpと連携したラジオストリーミング再生
  • ユーザーの状況に合わせて便利な情報
  • 通知を読み上げてくれる「デイリーアシスト」の機能

これだけを見ても、音楽を楽しむためのものというわけでは無いですね。
秘書的な役割も担っているため、忙しい人やながらで動きたい人向けの商品のようです。



下掛けタイプの装着

筆者も初めて本機を装着した時には耳たぶを引っ張りながら手探りになってしまったが、数回の着脱を繰り返したら割と簡単に装着できるコツが掴めた。正しいポジションで装着ができれば、あとは多少頭を激しく上下左右に振っても微動だにしないほどフィット感は安定している。


この商品の気になるところは、珍しい耳の下から掛けるスタイルです。
なんとなく落ちそうなイメージを持ってしまいますが、コツを掴めば特に問題は無くガッツリ固定されるようです。



音楽

完全開放型なのに、音楽再生もしっかりと聴き応えがある。立体的で厚みのあるボーカルと伸びやかな高域。ボディの引き締まった筋肉質な低音とのバランスも良好だ。心地よいサウンドが実現できた背景には、周囲の環境に合わせてイヤホンが自動的に音量を最適化してくれるサポート機能「アダプティブボリュームコントロール」の頑張りがある。

音楽再生機能については、音漏れは多少気にする必要はあるが、総じて低域も高域もしっかりしていて良いようです。



ボイスコマンド

本体には4基のマイクを活用して集音する技術、クアッドビームフォーミングマイクを搭載。周囲の環境音を拾いながら、ノイズ成分だけを抽出・分離してボイスコマンドの認識精度や、音声通話の明瞭度を高めている。室内の少し賑やかな場所で試してみたところ、大声を出さなくてもボイスコマンドを正確に認識してくれた。これなら外で使う時にためらいがちな音声入力の壁がある程度低く感じられそうだ。

一番強い機能としては、音声アシスタントのようです。
認識精度が高く、ブツブツ独り言が多い人にはならなくて済みそうです。



けいおん!ムギちゃん

アシスタントの声の主は、Xperia Ear/XEA10に引き続き人気声優の寿美菜子さんが担当している。朝、イヤホンを耳に装着するとアプリに登録したユーザー名を付けて「あつしさん、おはようございます。」と声を掛けてくれる。キュートな声にたちまちノックダウン。毎朝Xperia Ear Duoを装着する至福の瞬間が楽しみになってきた。

そして、一番のポイントは、けいおん!ムギちゃんの声優「寿美菜子さん」が音声アシストしてくれることでしょう。
これだけで他は要らないという方もいることでしょう。



電話応対があると難しいですが、黙々と仕事をされる方には、とても重宝しそうです。



 
 

Newer: FiiO、ミドルクラスのオーディオプレーヤー「M7」を発表!

Older: LotooのフラグシップDAP「PAW Gold TOUCH」の詳細が公開されたぞ!

in the Sony category...

Newer: ソニーの完全ワイヤレスイヤホンなど4製品に好みのディズニー柄を刻印できるサービスが開始したぞ!

Older: ソニーと「名探偵コナン ゼロの執行人」とのコラボウォークマンとBTヘッドホンが発売開始!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.