BriseAudioの変換ケーブル「STR7-CONV」に4極 2.5mm、4極 3.5mmから変換できるモデルが登場するぞ!


STR7-CONVに2.5mm、3.5mmからのモデルが登場

BriseAudio、変換ケーブル「STR7-CONV」シリーズに4極 2.5mm/4極 3.5mmモデル - PHILE WEB:


BriseAudioは、4極 2.5mm/4極 3.5mmジャックを採用した変換ケーブル「STR7-CONV」6種を4月28日から発売する。価格はオープンだが、各モデル12,800円前後での実売が想定される。

(Via www.phileweb.com)


従来は、4.4mmからの変換のみであった「STR7-CONV」ですが、4極2.5mm、4極3.5mmからの変換にも対応したモデルが出ます。


バランス接続用の端子というと、4極2.5mm、4極3.5mm、5極4.4mmと多種多様となっています。
しかし、プレーヤーに依ってケーブルを交換するのは大変なことです。
そこで、変換ケーブルとなるのですが、2.5mmから4.4mmの変換はなかなかありませんでした。(一部Refの高価なバージョンはありました。)



このケーブルのおかけで、AKシリーズをメインにしている方は、ケーブルを2.5mmにしておいて、「2.5mm to 3極3.5mm」、「2.5mm to 4.4mm」を持っていると、他の大抵のプレーヤーで問題が無くなります。



特にAKシリーズを使っているが、ソニーも気になっている方にはとても重宝されるケーブルになります。



私も、ZX300などはとても気になっているのですが、4.4mmバランスケーブルも用意することを考えると躊躇していました。
しかし、この変換ケーブルがあれば、その問題は解消されます。
また、Brise Audioから出ますので、品質も良く、安心して使うことのできる点も大きいです。
さらに12,800円前後と比較的安価です。



ソニー製品を買うことになったら、ぜひ試してみたいと思います。



長さは8cmということですが、公式サイトからの購入ですと融通は利くと思いますので、短いのが良い、長いのが良いという方は相談してみてください。
親身になって相談に乗ってくれると思います。






 
 

Newer: かわいいデザインのハイレゾDAP、ACTIVO「CT10」の発売日が決定!エントリーモデルの脅威となるか!

Older: ソニーと「名探偵コナン ゼロの執行人」とのコラボウォークマンとBTヘッドホンが発売開始!

in the Music category...

Newer: かわいいデザインのハイレゾDAP、ACTIVO「CT10」の発売日が決定!エントリーモデルの脅威となるか!

Older: JVCから重さ96gの小型・軽量なワイヤレスヘッドフォンが登場するぞ!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.