ambieの耳を塞がないイヤホンにワイヤレスモデルが登場!


ambie+wireless+earcuffs%26%23xff08%3B%26%23x30a2%3B%26%23x30f3%3B%26%23x30d3%3B%26%23x30fc%3B+%26%23x30ef%3B%26%23x30a4%3B%26%23x30e4%3B%26%23x30ec%3B%26%23x30b9%3B%26%23x30a4%3B%26%23x30e4%3B%26%23x30ab%3B%26%23x30d5%3B%26%23xff09%3B+%28Asphalt+Black%29

ambieの“耳を塞がない”イヤホンにBluetoothモデル「wireless earcuffs」 - PHILE WEB:


ambie(アンビー)株式会社は、耳を塞がないイヤホン「sound earcuffs」のBluetooth対応モデル「wireless earcuffs(AM-BT01)」を、4月5日に発売する。価格は12,000円(税抜)で、6色をラインナップする。

(Via www.phileweb.com)


一時期人気となっていた「耳を塞がないイヤホン」にBluetooth対応モデルが登場です。


ambieの耳を塞がないイヤホンは「ながら聴き」ができる便利なイヤホンです。
散歩中やジョギング中でも周囲の音が入ってきますので安心です。


当初有線モデルが出たときに、無線ならさらに需要がありそうだなと思っていました。
無線モデルが出たのですが、さらにもう一歩進んで欲しい。
ネックバンド方式ですので、ぜひ、完全ワイヤレスモデルを出して欲しい。
完全ワイヤレスこそ、このモデルの完成形でしょう。


ただし、完全ワイヤレスだと落としてしまうデメリットがあります。
ambieは耳に引っかけるだけなので、より落としやすいかもしれません。
ネックバンド方式の方が無くさないかもしれません。
使ってみないと何とも言えませんので、このBluetoothモデルは試してみたいです。


デザインも秀逸で、色は有線も無線も同じ6色の展開です。


Ambie wireless

今回のワイヤレスモデルで残念な点は、価格が倍になったことでしょうか。
有線モデルは6,000円くらいでした。
それが、無線モデルは12,000円です。
この差は大きいと思います。
「ながら」だからこそ、もう少し抑えて欲しかった。
価格が倍なら有線で良いという方が多いように感じます。


しかし「ながら」用だからこそ、価格よりも無線であることの方に価値を見いだす方もいると思います。
私も無線を取ると思います。

無線の方が実力を発揮する商品だと思っています。




 
 

Newer: JVCから重さ96gの小型・軽量なワイヤレスヘッドフォンが登場するぞ!

Older: Mac App Storeのアップデート画面が真っ白でアップデートができなかったけど解決した!

in the Music category...

Newer: JVCから重さ96gの小型・軽量なワイヤレスヘッドフォンが登場するぞ!

Older: 「からかい上手の高木さん」のエンディング曲を集めた「からかい上手の高木さん Cover song collection」が発売されました!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.