finalからMMCXリケーブル対応の「E4000」「E5000」が発表!


E4000/E5000

final、人気モデルの精度をさらに高めたMMCX対応イヤホン「E4000」「E5000」 - PHILE WEB:


S’NEXTは、finalブランドの新製品として、イヤホン「E4000」および「E5000」を発表した。価格はE4000が2万円以下、E5000が3万円程度を予定。発売時期は4月28日から開催の「春のヘッドフォン祭2018」を目指す。

(Via www.phileweb.com)


finalの新機種「E4000」「E5000」が発表されました。
発売時期は決定では無いですが、4月28日を目指しているそうです。


エントリー価格の5000円前後で大ヒットした「E2000」「E3000」に続き、「E3000」いぶし銀モデルを経て、MMCXリケーブル対応の「E4000」「E5000」の登場です。


見た目は「E2000」「E3000」に似ていますが、「E2000」「E3000」をリケーブル対応にしただけではなく中身も変わっているようです。
どのような音に仕上げてきているのか気になるところです。


今回目指している所が、以下のように書かれております。


E4000/E5000では「万人が認める良い音の一線をさらに超えたい」

一方で、次のようにも書かれています。


「80%の『いいね』から、50%の『凄くいいね』を獲得できるように。

気持ちは分かりますが、「E2000」「E3000」の底上げでは無く、少し対象を絞っているようにも感じます。
価格においても、「E2000」「E3000」は誰にでもお勧めできるものでしたが、「E4000」「E5000」は、それぞれ2万円、3万円と一番難しい価格帯ですので、対象も絞らざるを得ないのかもしれません。


この価格帯で抜きん出ることができるのか楽しみです。



--
E3000は大好きですが、いぶし銀の価格になると躊躇しました。
E4000、E5000も同様に、この価格まで上がってしまうと魅力が減ってしまいます。
この間の価格帯でE3000のリケーブル対応モデルが合っても良いかもしれません。


AKG N40のように、音は万人にお勧めできるけど、価格が・・・とならないと良いなと思います。




 
 

Newer: ももいろクローバーZとウォークマンA40がコラボ!すでに予約開始してるぞ!

Older: 小倉唯完全監修「AK70 MKII Yui Ogura Edition」の発売日が決定しました!予約開始は本日11時から!

in the Music category...

Newer: ラブライブ!Solo Live! collection Memorial BOX IIIの発売日!そしてハイレゾも配信開始!

Older: TaoTronicsから夜間も安心の光反射ケーブルを使用したスポーツ向けBluetoothイヤホン「TT-BH038」が発売!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.