キヤノンからバウンス撮影をAIが補助するストロボ「470EX-AI」 が4月に登場!!


470EX-AI

キヤノン、フルオート制御の「AIバウンス」搭載スピードライト「470EX-AI」 - PHILE WEB:


キヤノンは、AI制御による自動バウンス設定が可能なスピードライト「470EX-AI」を4月下旬に発売する。価格は54,800円(税抜)。
壁や天井に向けて発光し、被写体に自然な光を当てる「バウンス撮影」をより簡単に、効果的に行えるよう設計されたスピードライト。初級者から上級者まで幅広い層に訴求するモデルとなる。

(Via www.phileweb.com)


とうとう、カメラのストロボにまでAIが入ってきました。
ポートレートでは良くつ買われるバウンス撮影をより手軽に行えるようになっております。


これから、ストロボを買おうかと思っている方には良いのではないでしょうか。
E-TTLなどはバウンスの場合あまり役に立たないとカメラに詳しい方が言っていましたが、AIならどうなのでしょう。
もちろん、手動でできるようになれば良いのでしょうが、手軽にきれいな写真が撮りたい方にはこういった機能はとてもありがたいですね。


AIモードにも2通りあり、最初に壁に向かって発光させることによって距離を計測し、その距離に合わせて最適な光量を測るモード。
そして、前に撮った距離に合わせて自動でストロボのヘッドの向きを変えるモード。


どちらも、これをAIと呼ぶのかは疑問が残ります。
同じ場所で撮ることは少ないと思うので、壁との距離を常に見て欲しいと思います。
そこまできてこそAIなのではないでしょうか。

しかし、メーカーのページを見るとそこまで悪い感じはしません。
使ってみないとわかりませんが、少し便利かもしれません。
横で撮って縦でも撮る場合には良いかもしれません。



まだまだ使われることが少ないストロボですが、メーカーの努力によって便利になってきていることで、少しずつ身近になってきていることは確かです。



純正ストロボは値段が高いのがネックですので、まずはサードパーティ製を使われるのも良いとは思います。
中国製のストロボは安いですが故障が多いです。
ニッシンのストロボは日本製で比較的安いので手軽です。
このどちらかで試されるのが良いと思います。


ちなみに我が家は中国製のNEEWERを使っています。
大きい事以外には特に問題は無いです。
Kiss X7に付けるとバランスがとてつもなく悪いです。





 
 

Newer: Unique Melody Mentor V2のカスタム化・・・色が決まらない

Older: 完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」の限定カラー「オールホワイト/オールブラック」が登場

in the 気になるモノ category...

Newer: GoProから新製品エントリーモデルの「HERO」が4月2日に発売するぞ!

Older: Amazon Fire TVが1500円オフで買えるセールが開催中!DAZN 2ヶ月無料キャンペーンも同時開催中!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.