ソニーから大人気のMDR-1A後継機種「MDR-1AM2」が3月10日に登場するぞ!


MDR-1AM2登場!

「ソニーのヘッドホンの“センター”」、音質強化・装着性高めた「MDR-1AM2」 - PHILE WEB:


ソニーは、ヘッドホン「MDR-1AM2」を3月10日に発売する。ブラックとシルバーの2色で展開し、オープン価格だが3万円前後での実売が予想される。
「MDR-1A」の後継機で、フラグシップ機「MDR-Z1R」が採用するフィボナッチパターングリルなどを採用した新開発40mmドライバーユニットを搭載するなどして音質を高めた。1月に開催されたCESにて海外発表されたモデル(関連ニュース)の日本展開が発表された格好。型番末尾の“M2”は“マーク2”モデルであることを表している。

(Via www.phileweb.com)


今でも人気の高いソニー「MDR-1A」の後継機種「MDR-1AM2」が登場です。
これは売れそうな予感しかないです。


ソニーの最高峰「MDR-Z1R」のノウハウを惜しげもなく投入してきております。
MDR-Z1Rを最初に聴いた時の感動をまた感じられるでしょうか。
とても期待です。



発売日は3月10日(土)です。
価格は30,000円前後です。


既に予約も開始しておりますが、ソニーストアでの価格は29,880円(税抜)となっております。
会員登録すると10%引きとなりますので、税込みで29.043円となり、30,000円を切ります。


そして、うれしいのが軽量化です。


前モデル「MDR-1A」が質量約225gだったのに対し、本機では約187gへ小型軽量化を実現。ハンガー部を細くするなど細部を改良することで軽量化し、装着感の向上を図った。

ヘッドフォンのネックである重さを改善してくれるのはとてもうれしいことです。
少し小ぶりにもなっているようですので、合わせて嬉しいポイントです。


音質に関しても、向上が図られているとのことです。


ボーカル音と低音の質のさらなる向上を図ったと同社は説明。これにより、ハイレゾコンテンツに含まれる音源をさらに忠実に表現できるようにしたという。

好みの問題もあるので、これは聴いてみないとなんとも言えないですね。


また今回は、ZX300等ですぐにバランス接続が試せるように4.4mmのバランスケーブルが付属しているところもうれしいですね。
個人的には2.5mmなのですがソニーなので仕方がないですね。
ここまで至れり尽くせりで30,000円を切るのは安いです。



--
とても期待ができる製品であることに違いはありません。
今月はfinal E3000 いぶし銀もあるし、どちらにしようか悩みます。
MDR-1Aを買おうかと思っていた時期もありましたので、この後継機も気になります。






 
 

Newer: final E3000いぶし銀があと少しで完売となるようです!悩んでいる方は早めに決断を!

Older: Mac版公式Twitterアプリが提供終了・・・「Tweetbot」があるからあまり困らないかな

in the Sony category...

Newer: ももいろクローバーZとウォークマンA40がコラボ!すでに予約開始してるぞ!

Older: SONY×Kalafinaのコラボでウォークマンとヘッドホンが期間限定で発売開始したぞ!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.