B&O PLAYの完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」のレビューが出ています。よく考えられていて良さそう!!


Beoplay E8

B&O PLAY初の完全ワイヤレスイヤホン「Beoplay E8」レビュー。操作感からサウンドまで全てが高品位 - PHILE WEB:


昨今、左右が独立した“完全ワイヤレスイヤホン”の人気が高まっている。昨年登場したiPhone 7がイヤホン接続用の3.5mmステレオミニ端子が廃したことが大きなトリガーになったと思われ、特にコンシューマー市場における流れは一気に無線化に進んでいる。そんな中、Bang & Olufsenのカジュアルブランド “B&O PLAY” から登場したのが「Beoplay E8」だ。

(Via www.phileweb.com)


最近大人気の完全ワイヤレスのイヤホンですが、デザインも評価されているBeoplayの完全ワイヤレスイヤホン「E8」のレビューが出ています。


デザインに関しては好みがありますが、シンプルで飽きの来ないデザインになっていると思います。
また、E8は水に強いラバー・ポリマー素材となっているため、デザインだけでゃ無く実用性もしっかりと考えられています。


完全ワイヤレスイヤホンの難点は、音切れが頻繁に発生することが挙げられますが、E8はその対処方法として以下の方法を取っているようです。


左右のイヤホンを結ぶ通信にNFMI(Near-Field Magnetic Induction)技術を採用したのが大きな特徴で、完全ワイヤレスイヤホン登場時に指摘された、音の途切れを最小限に抑える設計だ。

レビューの中でも、ほとんど途切れることが無かったと書いてありますので、かなり優秀なのでしょう。
完全ワイヤレスに限りませんが、音切れするとテンションが下がるので、極力キレないような工夫はありがたいです。
音質もさることながら、完全ワイヤレスを選ぶ上での一番重要なポイントになると思います。


音質についても、適度な低域、癖の少ないクリアな音でいつまでも聴いていられるようですので、Beoplayの傾向そのままなのでしょう。
音質については、ドンシャリでも疲れてしまいますし、フラットだとつまらなくなってしまうこともありますので、適度に聴き疲れしない音が最適だと思います。


ワイヤレスイヤホンを使う上で必要となる、充電からペアリングまでのスムーズさ、音楽の良さをより表現してくれる自然なトーンバランス、そして快適な装着感や本体の操作感に至るまで、随所に品質の高さを感じたのである。デザインも美しく、購入後の満足度はとても高いはず。毎日使いたくなるような良い相棒になってくれるだろう。

大切なところがしっかりと考えられている製品となっているようですので、完全ワイヤレスを探している方は、候補の一つにいれてみてはいかがでしょうか。


欲を言えば、aptXに対応して欲しかったことでしょうか。
現状では、音切れを考えると難しいのでしょうか。

→ERATO Apollo 7がありました。
やっぱり完全ワイヤレスはApollo 7sでしょうか。





 
 

Newer: けものフレンズウエハースが2018年1月に登場!これは品薄になる予感・・・

Older: B&W PXを聴いてみましたが、P7やP9とは違う傾向!?

in the Music category...

Newer: B&Wのヘッドホン購入プレゼントキャンペーンが始まりました!対象は「P7 Wireless」と「P9」・・・PXは・・・?

Older: B&W PXを聴いてみましたが、P7やP9とは違う傾向!?

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion