DMMの50インチ4Kディスプレイが値下げして50,000円を切りましたが・・・


DMM.make DISPLAY

DMM、50インチ4K液晶ディスプレイを1万円値下げ。49,900円に - PHILE WEB:


DMM.comは、自社ブランド「DMM.make DISPLAY」から発売されている50インチ4Kディスプレイ「DME-4K50D」について、価格改定を発表。6月15日(木)より、従来価格59,900円(税抜)から49,900円(税抜)へと値下げを実施する。

(Via www.phileweb.com)


とうとう50インチの4Kディスプレイが50,000円を切りましたが、消費税を入れると、54,000円弱です。
ドンキホーテへの対抗なのでしょうが、ドンキホーテのはチューナーが付いたテレビですからね。
ドンキホーテを選ぶような気がしますが・・・
また、65インチの方は値下げされてませんのでご注意ください。


UPQが撃沈した今、DMM.comのディスプレイとしては最有力でしょう。
遅延がありますので、ゲームや早い動画には向きませんので、ある程度の割り切りは必要だと思います。
また、チューナーもありませんので、テレビを見るにはHDDレコーダーなどチューナーを経由しての試聴となります。
テレビも観てゲームもするなら、素直に、もう少しお金を出してLGを買った方が幸せになれると個人的には思います。
しかし、大きな画面でBlu-rayを観るのがメインで、たまにテレビを観る、もしくはテレビは録画でしか観ないのであれば、この価格と用途はとてもマッチするような気がします。


チューナーレスで用途が思い浮かべられるのであれば、50インチ4Kで5万円を切るのは無いと思います。
安いからといって、50インチを越えると結構大きいので、置き場所や観る距離も考えてからの購入をお勧めします。
ビックカメラやヨドバシカメラの店頭でも見られるようですので、自分の使い方に会いそうかは確認した方が良いでしょう。
ゲーム前提なら、事前に確認して繋がせてもらえるなら持っていって確認しても良いと思いますね。


ドンキホーテの50インチテレビは60,000円を切りました。
LGの55インチテレビは100,000円を切りました。
LGの49インチテレビは85,000円を切りました。

どれが良いのでしょうね。
我が家ではLGの55インチを使っています。
色味は多少おかしいですが慣れました。





 
 

Newer: 2017年のディズニーハロウィーンの全身仮装日は期間中毎日だそうです!

Older: Xiaomiが日本上陸するぞ。スマホと思いきや3千円台のハイブリッド型イヤホン!

in the ヒビノデキゴト category...

Newer: どことなく世紀末感が出ている「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」が運行開始!

Older: 安定のNAS用HDD「WD RED」がとうとう10TBの大台へ!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.