5000円以下で購入できる中高域がとても綺麗なfinal E2000を買ってみました!


Final エントリーモデルE2000,E3000登場

以前にE2000とE3000を比べてE3000を購入しました。
しかし、どうしても気になって、何回か試聴した後・・・結局「E2000」も購入してしまいました。
今回のfinal製品には本当魅力があります。


E3000の低音の強さ、響きや広がりはとても良いです。

E2000は軽やかな中高域がとても良いです。
他に持っているイヤホンと被りそうでしたので「E3000」を選択しましたが、この手軽さで、中高域がとても軽やかなイヤホンは他に無いと思いましたので、購入してしまいました。
Mentor V2も似た感じですが、全領域が押し上げてくれるため、全体的に濃い重めな音になります。
一方「E2000」は、軽やかな中高域の綺麗さを持っているので、爽やかな感じに仕上がっています。
多少、低域が少なめですので、気になる方はイコライザで低域を持ち上げるか、低域が強めのプレーヤーを使うととても軽やか且つ楽しく聴くことができると思います。
AK380だと少しすっきりし過ぎかなと思いますので、FiiO X7のAM2やAM3、X5 3rd、AK70辺りだととても楽しく聴くことができると思います。
しかし、この邪魔をしない低域に軽やかな中高域が魅力的も思いますので、この辺りはお好みで合わせるのが良いと思います。
ボーカルの声が近めでとても綺麗に聞こえ、高域の輝きがとてもとても心地良いです。


なんというか、夏にとても合うイヤホンだと思います。
私の個人的な印象ですと、夏の昼間に聴きたいのは「E2000」、夏の夜に聴きたいのは「E3000」です。
そして、夏の終わりに近づくにつれ「E3000」に流れていく感じでしょうか。
そして、冬には濃いめのMentor V2が良いと感じます。


夏はできる限り軽装で過ごしたいので、AK70やFiiO X5 3rdにE2000という組み合わせはとても合うと思います。
どちらかのプレーヤーにイヤホンでうまくお店を選べば50,000円を切りますし、またはプレーやを量販店で購入し、その際のポイントでE2000を購入しても良いと思います。


注意点としては、E3000同様、多少鳴らしづらいですのでスマホよりもオーディオプレーヤーを使用した方がより良さがわかるとは思います。
今まで付属のイヤホンを使用していた方はE3000よりもE2000の方が音の傾向が似ていると思いますので、違和感なく良さを感じることができると思います。


付属品も豪華でEタイプのイヤピース、そしてイヤーフックがついてこの値段ですから、本当にお買い得だと思います。
そして、このイヤーフックが痛くもなくとても使いやすくて良いです。
別でわざわざ購入する方の気持ちもよく分かります。


まだ箱出し直後ですので、今後滑らかになると思いますが、試聴した時の方がよりキラキラしていたような感じを受けましたので、悪い方向にはいかないかなと思っております。


--
これからの季節E2000とE3000を持って、その時の気分でイヤホンを変えるのが良さそうです。
2つでも10,000円を切るので、10,000円前後のイヤホンを買うよりもこの2つを買った方が満足度が高いと思います。
E2000もE3000もとてもおすすめなイヤホンです。






FiiO X7はB級品(箱にダメージ)ですが現在フジヤエービックで安いです。この値段で購入できるのは魅力的です。




 
 

Newer: 大人気で品切れになった陸自モデルのガールズ&パンツァー仕様腕時計の再販が始まりました。買いそびれた人は急げー!

Older: 安定のNAS用HDD「WD RED」がとうとう10TBの大台へ!

in the Music category...

Newer: ERATOから完全ワイヤレスイヤホン「APOLLO 7」の後継機「APOLLO 7s」が登場!

Older: musashino LABELより「アニソン」「ロック」「クラシック」に合う3種類のイヤホンケーブルを発売開始!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.