ERATOから新たな防水対応の完全ワイヤレスイヤホン「Muse5」が登場!これは絶対期待できるヤツだ!


完全ワイヤレスイヤホン「Muse5」登場
 

ERATO、独自DSP搭載/防水対応の完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」 - Phile-web:

 

バリュートレード(株)は、米ERATO社の3Dサラウンド機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」を2月10日から発売する。価格は21,880円(税抜)。本日2月2日よりeイヤホン、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、AppBank Storeにて先行予約を開始。なお、ブラック/ホワイト/ローズ/ブルーの4色展開の内、ブルーのみ2月28日からの発売となる。

(Via phileweb)

 

最近とても人気のある完全ワイヤレスイヤホンに新型が登場です。
つい先日、完全ワイヤレスイヤホン5種類を比較した記事が出ていて、考察を書いておりました。
その中でおすすめだったのは、ERATO Apollo7でした。
そのApollo7と同じERATOから新型完全ワイヤレスイヤホン「Muse5」が2月10日から発売されます。


Museという響きも気になりますが、機能はApollo7よりも良さそうです。
2時間の充電で4時間利用できます。
ケースでの充電により、12時間程度は何とかなりますので、概ね問題は無いかなと思いますが、念のためポータブルバッテリー、もしくは予備用イヤホンを持ち歩いた方が良いですね。

 

そして、とても良いと思ったのが、イヤピースだけではなく、「シリコンスリーブ」も付属しているので耳の収まりがとても良さそうです。
装着の方法もシンプルですので、楽に扱えそうです。
装着方法は以下のYoutubeを見ると分かりやすいです。

 
 

Bluetoothのバージョンと対応コーデックは以下の通りです。
ERATO Muse5 Bluetooth 4.1 / AAC, aptX, SBC

 

Apollo7と全く同じです。
装着感の良さはMuse5の方が良さそうです。
価格もMuse5の方が良いので、人気が出そうです。
対抗となるのが、AirPodsだと思います。
値段や知名度からは、AirPodsなのでしょうが、AACのみの対応となりますので、aptX対応機器とのペアリングを考えている方は、Muse5を選んだ方が良いと思います。

 

個人的には、Bluetoothイヤホンなら、この「Muse5」とTaoTronics「TT-BH07」や「TT-BH16」があれば良さそうです。
完全ワイヤレスも良いのですが、無くす心配もあるので、首掛け、マグネット、そして安いTaoTronics製品はやっぱり強いと思います。

 

完全ワイヤレスがお好みの方は、この「Muse5」は良いのではないでしょうか。
AirPodsよりも格好良いと個人的には思います。

 

音に関しても、以下の記事に出ておりますが、サラウンドがかなり良く出来ているようです。

 

完全ワイヤレスイヤホン「MUSE5」最高の装着感で映画館のような立体感のある音を | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

 
その結果、オリジナルに開発したDSP (Digital Sound Processing) 技術を組み入れることで、これまで損なわれていた、“サウンド空間の距離感”を再構築する事が可能になりました。また、マイクロドライバーとアコースティックチャンバーを入念に調整することで、ERATOSURROUND™は、音像定位感を向上させ、より正確なサウンドステージを実現できました。
 

これはとても期待できそうです!

     

 
 

Newer: ベリリウム振動板採用のイヤホン「Whizzer A15」が登場!これはAuglamour R8の対抗になりそう!

Older: MacでAKシリーズへファイル転送&プレイリスト作成することのできるアプリ「AKTransfer」を1.0.5へバージョンアップしました!

in the Music category...

Newer: ベリリウム振動板採用のイヤホン「Whizzer A15」が登場!これはAuglamour R8の対抗になりそう!

Older: リスアニ!LIVE 2017 SUNDAY STAGEに行ってきました!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.