ブログをhttpからhttpsへ移行しました


https化

以前からSSLは導入していましたが、アフィリエイトなど他からのリンクがhttpsに対応していなかったので、httpsへの移行は待っていました。
結局外部からの画像リンク等がhttpのままですと、すべてが暗号化されるわけでは無いので中途半端になってしまいます。
そのため、httpでもhttpsでもどちらでも見られるようにしていました。


しかし最近になって、a8、valuecommerce、Google Adsense、Amazon、楽天、iTunesなど主要なアフィリエイトサイトがhttpsへ対応したため、https化へ踏み切ることにしました。


httpへのアクセスは一部のブラウザを除いてhttpsへリダイレクトするようにしています。
何か不都合があれば教えてください。


今回httpからhttpsへ移行するのにデータ変更で行ったことは、以下の6点。


  • Amazonの画像リンク変更
  • 楽天の画像リンク変更
  • Valuecommerceのリンク変更
  • A8のリンク変更
  • iTunesの画像リンク変更
  • リンクシェアのリンク外し

この他にも、canonicalリンクの変更などテンプレートの変更、.htaccessの変更なども行っていますが、今回はデータの変更についてのみ記載していす。


Amazonの画像リンク変更

1点目

http://ecx.images-amazon.com

https://images-fe.ssl-images-amazon.com


2点目

http://ws-fe.amazon-adsystem.com

//ws-fe.amazon-adsystem.com


3点目

http://ir-jp.amazon-adsystem.com

//ir-jp.amazon-adsystem.com


楽天の画像リンク変更

http://thumbnail.image.rakuten.co.jp

//thumbnail.image.rakuten.co.jp


Valuecommerceの画像リンク変更

1点目

http://ck.jp.ap.valuecommerce.com

//ck.jp.ap.valuecommerce.com


2点目

http://ad.jp.ap.valuecommerce.com

//ad.jp.ap.valuecommerce.com


A8の画像リンク変更

1点目

http://www11.a8.net

//www11.a8.net


※赤字部分は1〜40くらいまであります。


iTunesの画像リンク変更

http://is2.mzstatic.com

https://is2-ssl.mzstatic.com


※赤字部分は1〜10くらいまであります。


リンクシェアのリンク外し

リンクシェアの画像はSSLへ対応していません。
商品画像は広告主のサイトの画像を持ってきていますので、広告主のサイトが対応しないと対応できません。
よって、リンクを外すか、httpとhttpsの混在を許容することになります。
広告主の画像がSSL対応しているのであれば、impタグ(アクセス数を取得している小さな画像)を外すということでも対応できますが、おすすめはしません。


まとめ

変更はすべて、データベースを直接変更して対処しました。
MySQLの場合は、REPLACE関数を使えばあっという間です。


しかし、結構大変な作業ですので、最初からhttpsで運営すれば良いのですが、昔から行っているサイトを対応させるのは結構大変です。


そこまでする価値があるのかはわかりませんが、https化へ流れが進んでいますので、対応できるならしてしまった方が良いとは思います。


当サイトは、かなり昔から行っていますので、一部残ってしまっている部分があるかもしれません。
それは見つけ次第対処します。


カエレバのリンクは、Amazonには対応していますが、楽天やValuecommerceのリンク先は自身で変更しないといけませんので、自分で作ることにしました。



 
 

Newer: CES2017でお目見えのオンキヨーの「ハイレゾスマホ」の試聴記事が出ています!うっかりにイラッとした(笑)

Older: オンキヨー&パイオニアの小型プレーヤーがCESでお目見え!デザインはもう少し頑張って欲しかった

in the ひとりごと category...

Newer: ”12124403228154”

Older: 2016年を振り返ってみた。概ね良好。良い年だった!そして来年も良い年にする!

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion