SENNHEISER IE800が良すぎて困る


少し前にIE800に惚れ込んで、結局ヘッドフォン祭の会場で買ってしまいました。
その後、ゴールデンウィークに突入したこともあり、ちゃんとは聴いていませんでした。
ゴールデンウィークも明けましたので、軽くレビューをしたいと思います。
まだ、数時間しか聴いてませんので、今後変わるかもしれません。


出会い

ヘッドフォン祭で、justearの1周年モデルがとても気になっていて、気に入れば購入する予定でした。
他にもMH-2も聴きましたが、綺麗な音だとは思いましたが、低音が物足りないかなと思い、残念ながら購入までには至りませんでした。
justearにするなら、MH-1しか無いんだろうなと思いました。

カスタムなら、Vision EarsのVE5かjustearだと思っていたので、秋葉原のe☆イヤホンに移動して、誰もお客さんがいませんでしたので、30分ほどVE5を聴きました。 VE5は万能で楽しく聴けるのですが・・・購入したいというところまでには至りませんでした。

 

その後、せっかくe☆イヤホンに来たので4Fへ。
混んでいる中でたまたまSENNHEISERコーナーが空いていて、IE800が目に入ったので、そういえば聴いてなかったなと手に取ったら・・・はまりました。

 

最初に、このイヤホン良いなと思った曲が内田彩(うっちー)の「with you」でした。
普段「with you」はあまり聴いていなかったのですが、本当たまたま聴いた「with you」がIE800ととても良く合い引き込まれました。 「with you」の曲自体は、高音ベースのきらきら感満載の曲ですので、そこが高音が得意のIE800に合ったのでしょう。 うっちーの声が本当きらきらして脳トロ寸前になります。

 

購入寸前で・・・

本気で欲しくなりましたが、値段が100,000円近くするので、中古は無いのかなと思って見たら50,000円前後で出ていました。
安いものにはケーブルが硬化しているのもありましたが、それなら一緒にMMCX化してもらえば良いかなと思い、買う気満々でした。

しかし、同じように中古のIE800を探している方が店員さんとずっと話していたので、終わるまでAKGのK3003も聴いていなかったと思って試聴したら、こちらもいいなと思い、IE800と悩み始めました。
K3003はIE800と同じように高音が得意で、低音も程よく出て、元気な音だけど、とても伸びる綺麗な高音も聴くことができる私好みの音でした。
しかし値段が・・・150,000円近く、中古もありませんでした。

何回か聞きくらべた結果、値段を置いておいても、とてもまとまりの良いIE800という結論にはなりました。

しかし、リケーブルできないなど引っかかるところもあり、今日は帰ることにしました。

今でも、中古コーナーが空いていたら買ってただろうなと思います。
衝動買いはほとんどしないのですが、このイヤフォンは本気で欲しいと思いました。

 

ヘッドフォン祭りで物販リストにあった・・・

家に帰ってきて、ふとIE800ってヘッドフォン祭の物販に出ていたのかなと思い、リストをWebで見たらありました。
金額は現地でとなっていたので、現地で配っていた金額入りのリストをもらってくれば良かったと後悔。
Twitterを見ていたら、69,800円で出ていることをつぶやいている方がいらっしゃいました。
中古の50,000円前後、新品69,800円。この微妙な金額。
59,800円だったら即決しただろうけど、悩む金額。

 

しかし、リケーブルもできない機種なので、この差なら新品を買った方が保証もついて良いだろうなと思いました。
補償期間が過ぎたらMMCX化してもらうことで楽しめるかなと思いました。

 

ヘッドフォン祭の2日目は行く気が無かったのですが、結局行って買ってきました。

 

高音がとてつもなく伸びて本当に綺麗。でもそれだけではない

1曲目に聴く曲は、もちろんIE800で聴いて惚れた「with you」です。
煌びやかなどこまでも伸びる高音に聴き入ってしまいます。
うっちーの声が綺麗に響き渡ります。

 

IE800は、どこまでも伸びる高音の綺麗さ、音場の広さが他の機種よりも優れています。
しかし、それだけではなく、程よく邪魔をしない低音に支えられて、楽しく聴くことができます。
大別ドンシャリなのでしょうが、高・中・低とどこを取っても心地よく、ベストなこの上ないバランスを保っていると思っています。
それが引き込まれる要因なのだと思います。

 

最初に聴いた時に、高音の抜けの良さを感じて、低音は控えめだという印象を受けます。
しかし、数回聴いていると、低音も結構でてる。伸びる高音を邪魔することもない。そしてボーカルも邪魔をしない。すべての音域がそれぞれの領域を保ちつつ、重なるところは違和感なく自然に溶け込むように設計されているのだと思います。
そのため、とても心地よく聴くことができ、いつの間にか引き込まれているのだと思います。

 

ボーカルはちょっと遠め

曲にも依りますが、ボーカルは少し遠くに感じると思います。
どちらかというとホールで聴いているような感じを受けます。
よって、ボーカルの艶めかしさが好きな方には物足りなさを感じるかもしれません。
耳のすぐ横で歌っている感じはありません。

 

少し遠くから見ている感じで、周りのいろんな音が調和して入ってきます。

 

雲一つ無い綺麗に晴れた日に、広大な大草原の中心で気持ちよさそうに歌っているのをちょっと遠くから聴いている感覚なんです(わかりづらい(笑) 少しボーカルが遠いのも、そこに奥行きが出てとても心地よいです。

 

もちろん、良いところだけではない

音だけを聴いたらこの上なく爽快で私好みです。
しかし、気になるところもあります。

まずは、リケーブルができない。断線したら修理しかないです。
ケーブルを変えて音を変えることはできません。

次に、イヤーピースが基本純正のみとなります。
コンプライやSpinfitも可能なようですが、Spinfitは耳から取るときに耳の中に残ることが多かったので、結局純正しかないのだと思います。

そして、短いコード。
普通に付ける分には問題ないです。しかしそれだとタッチノイズが大きいです。
そこでシュア掛けすると、タッチノイズは無くなりますが、ケーブルが短くて結構窮屈です。
慣れの問題だとは思いますが、ケーブルがもう少し長ければなと思います。

L/Rがわかりづらいのもありますが、マスキングテープを張ることで解消。

 

確かに気になるところはあります。
ケーブル長は仕方がないとしても、リケーブルできない点とイヤピースが変更できない点は、当初は気になる点でしたが、変更しないからこそ、このIE800の絶妙な音のバランスを出せているのではないかと思います。

 

見た目はシンプル

最近の高級イヤフォンは総じてハウジングが大きく派手です。
いっぱい詰め込んでいるのでそうなるのでしょうか、存在感がとてもあります。
個人的には・・・大きく重いのは嫌いなので、程よいのが一番です。
UE900sはその点でも気に入っていました。

 

一方、このIE800はかなり小さく黒一色。 小さいために、若干装着もしづらいです。
そして、お世辞にも高そうには見えません。
ただし軽いです。本当軽いです。

 

派手好みな方には物足りなすぎると思います。

 

まとめ

最初に聴いた直後は、高音がとても伸びて綺麗だな。しかし低域は弱めで物足りないかなと思いました。 しかし数曲聴いていたら、どこまでも続く広大な広さの先に向かってずっと伸びていく煌びやかな高音、ボーカルを潰さない、丁度良い中域、高中域を邪魔しないバランス良い低域に気づきました。低域が物足りないという思いは無くなっていました。 ずっと聴いていられる、とても心地良い音なんです。

 

IE800を聴いた後に、UE900sを聴くと・・・あれだけ心地よかったUE900sよりも格段にIE800の心地よさを感じます。
私の中でとても好きだったUE900sをあっという間に抜き去っていきました。

 

気になる点は確かにあります。
しかし、個人的にはそれ以上のものを得られると思います。
まだ聴いていない方は、ぜひ聴いてみてください。

UE900sが好きな方はきっと引き込まれると思います。

 

あと、うっちー好きはぜひ一度聴いてみてください。

 

本当良いよ。

     

 
 

Newer: ラブライブ!サンシャイン!!のユニットCD第一弾が本日発売!

Older: AK380用のファイル転送&プレイリスト作成アプリの動画を撮ってみた

in the Music category...

Newer: 「けいおん!」ハイレゾ化のこだわりがここに!職人の話は面白い。楽曲は6月発売!

Older: ヘッドフォン祭でjustearを聴いてきました

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.