Windows Mobileの名がなんとなく復活


Microsoft、「Windows 10」のSKU(製品エディション)を発表 | 気になる、記になる…

本日、米Microsoftが、「Windows 10」のSKU(製品エディション)の詳細を発表しました。
「Windows 10」のSKUは下記の通りで、7つのエディションが用意されます。


Windows 10 Home
Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 10 Education
Windows 10 Mobile
Windows 10 Mobile Enterprise
Windows 10 IoT Core

順当なラインナップですかね。
目を惹くのが、Windows 10 Mobile
Windows Mobile 10で無いのが残念ですが、Windows10の流れを組んでいるのでしょうがないですね。
Windows Mobileか。
Mobile版がどんなOSになるのか、頭の片隅では気になっています。
Parallelsでの開発は辛いのでやらないと思いますが…
Visual Studio CodeでMacでの開発も可能になるのか。
流れ次第、OS次第では楽しみだな。

EmbeddedはIoT Coreに名前変更ですかね。
ATMやポスだけではなくゲームセンターにあるアイカツとかも裏側はWindowsらしいので、新しいゲームからプラットフォームも載せ替えですかね。

結局いろんなところでWindowsは使われているので、今後のマイクロソフトに期待。
個人的にはマルチプラットフォーム化して方針転換を図ってるのでとても評価してます。

昨日のアップデートでは1GB超のダウンロードで市中のネットワークをかき回してくれましたが…
NTT東のサイトも激遅になっていたようで、やはりマイクロソフトの影響はすごいなと思った次第です…。
ちょっとは考えろよw


 
 

Newer: Swiftで画像サイズがうまく取れなかった件

Older: Apple Watchのレンタルが開始

in the ヒビノデキゴト category...

Newer: ガラホねぇ…

Older: Apple Watchのレンタルが開始

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion