YosemiteでIME(Atok・Google・日本語IM)を比べた結果


YosemiteでAtokとGoogle日本語入力と日本語IMを比べていたのですが、最終的にはAtokに傾きました。
そもそもの発端は、今までAtok2012を使っていたのですが、Yosemiteにアップデートしてから、Ctrl+deleteでの確定取り消しを行うと、二重になるというところからでした。
例としては以下の通りです。

私は→確定→確定取り消し→私はわたしは

といった感じになってしまいました。

そこで、パッチが無いかとJustsystemのページを探しましたが、Atok2012のパッチはもう出ないことが判明したので、別のIMEを探しました。
Yosemite標準の日本語IMとGoogle日本語入力、そしてAtok2014のお試し版。

日本語IMは、二重になるものとならないものがありました。Chromeでは大丈夫、miというテキストエディタでは二重になるというよくわからない動きをします。
Google日本語入力は、そもそも確定取り消しが動きません。(ctrl+deleteで何も起きない)
我慢できるかなと思って、Google日本語入力を1ヶ月ほど使ってみましたが、今まで10数年、ctrl+deleteで確定取り消しを行っていたのが使えないのは辛かったです。
Google日本語入力の開発版も入れてみましたが、結局確定取り消しはできないので、今のところまともに確定取り消しができるのはAtokのみということがわかりました。

Yosemiteが悪そうな気はしますが、今後アップデートでどうなるかわからないことも考えるとAtokの対応の早さはやはりうれしいです。

現在は、15%OFFのセールもやっているので、AAA優待版であれば4200円でおつりがきます。
もしくは、月額300円のAtok Passportですね。
恐らく、6月頃に、2015が出るので、今2014を買うのは得策では無いような気がします。
しかし、もうすぐお試し版は切れてしまうので、Atok Passportかなと悩んでもいます。
AndroidのAtokはすでに購入済みですし、Windowsは特に不具合も無いため上げなくても良いので悩むところです。
毎年買うようなものでも無いので、買い切りのDL版の方が良いとも思うのですが、時期が時期のため悩みます(笑)

Atok関係はJustsystemの直販の方がAmazonよりも安いですね。
Just MyShop(ジャストシステム)

Amazon

 
 

Newer: 今年1年を振り返って

Older: iTunes検索用のSearch APIで遊んでみた

in the ひとりごと category...

Newer: 今年1年を振り返って

Older: フレッツ光メンバーズクラブでのポイント交換に四苦八苦した話

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion All Rights Reserved.