スマホの月額料金を50%節約した“格安SIM”ユーザーたちの声


その月額料金、払いすぎていませんか?:「使い勝手に不満なし」「ずっと使い続ける」――スマホの月額料金を50%節約した“格安SIM”ユーザーたちの声 (1/2) - ITmedia Mobile

 「月額1000円以下でスマートフォンを利用できる!」 最近話題の“格安SIM”は、従来のキャリアが提供するスマートフォンの料金プランに比べて格段に安くスマホを利用できるのが魅力だ。ただしその反面、通信速度やデータ通信容量の上限が制限されていたり、キャリアのサービスが使えないというデメリットもあり、価格とトレードオフの関係になっている。

ガラケーでも良いけど、BlackBerry+MVNOというのも有りじゃないかな。
BlackBerryなら、少ないけどアプリも使えるし、Wifiやbluetoothの連携も簡単、そして何より、メールと電話が使いやすいという、メリットとなる部分が結構ある。
(端末はヤフオクなどを利用して手に入れないといけないので、調達しづらいというデメリットもある。)

今、概ねBlackBerryが2000円くらいなので、MVNOを入れて3000円で収まるでしょう。
BlackBerryにBIS/SPモードと念のためパケホダブル。安ければ2000円以下。後述のWifiにぶら下げる。心配ならデータ通信オフの設定とすればWifi以外でのデータ通信がなくなるので安心。

MVNOのSIMをWifiルータに入れて、あとは好きなタブレットでも何でもぶら下げ放題。
荷物を減らすなら、タブレットにぶら下げでも良いけど、BlackBerryを常時ぶら下げるなら、Wifiルータの方が電池持ちも良いので、おすすめ。

ただし、何でもぶら下げるなら、SIMは3日間で366MBの制限にかからないSIMを用意した方が良い。
IIJmioは制限有りなので、OCN モバイルONEの50MBが良いかもしれない。

今、私は、IIJmioのファミリーで回してますが、PCも接続しているため、1月3GBを超えないように、かつ、366MBに引っかからないように運用するのが結構面倒なので、WifiルータにはOCN モバイルONEの50の方が制限が無いので、楽な運用になると思う。
正直200kbでも、慣れると十分だしね。

さらにいえば、いざというときに高速通信を使えるように、OCNにもみおぽんのようなアプリがあれば、乗り換えても良いかな。
と思って調べたら、ON/OFFできるアプリが出てるじゃん!!
本気で乗り換えようかな。

カケホーダイいらない人には、ガラケーかBlackBerryのこの組み合わせが、余計な通信も無いし、良いと思うんだよな。
電話をあまり使わない人には、カケホーダイ&パケあえるはやっぱり高いし、よっぽどこっちの方が運用しやすいと思う。

B00EQ12AYS

NTTコミュニケーションズ OCN モバイル ONE マイクロSIMパッケージ T0003670

B00GU5I84E

IIJ IIJmio SIM ウェルカムパック microSIM版 <開通期限2015年3月31日まで> IM-B019


 
 

Newer: Microsoft版Raspberry Pi

Older: 日本は美しい

in the ヒビノデキゴト category...

Newer: ソニーからSmartWatchとSmartBandが登場

Older: 日本は美しい

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © Rocomotion