そう簡単ではないでしょ。


グーグル村上社長「2009年には“人類の知”がすべて検索可能に」
最後に村上氏は、3年後の具体的なGoogle像を展望。「2009年にはおそらく、“人類の知”と呼ばれる分野のデータはすべて検索可能になるだろう」と予想した。

確かに、Googleの検索能力は高いです。
それは認めます。
ただし、2009年、3年後までに、人類の知を全てカバーする。
それは到底無理なこと。
一般的に世の中にある、、、「知」。
それは進歩により捕捉できるかもしれません。
しかし、人間は考える動物です。
ある人間が、表に出さない、考えていること、それだって立派な「知」に値するもの。
それまでを機械が捕捉することが出来るでしょうか。


答えは、もちろん「No」でしょう。
考えまでもが細くされてしまう世の中だったら、世界の○○賞はなくなるでしょう。
目標としては立派ですが、あまりにかけ離れすぎています。
今、Googleで検索。それは、大量の人が行っている行為です。
しかし、その中で、本当にほしかったデータは必ず手に入ったでしょうか?
まだまだ手に入らないことが多いのです。
つまりは、自分が考えていることは、いまだ、世には出ていないのです。
もちろん、検索の仕方にもよる部分もあります。
しかし、全てを網羅できることは、無いです。

とまぁ考えるわけです。
インターネッツに、「考え」までも、奪われてたまりますかい!

 
 

Newer: Sleipnir 2.30

Older: P forum 1.10

in the ひとりごと category...

Newer: Sleipnir 2.30

Older: ホリエモンばっかり。

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.