NASにぴったり玄箱


NAS自作キット「玄箱」にGigabit Ethernet対応モデルが登場
手軽なNAS(Network Attached Storage)自作キットとして人気の玄人志向「玄箱」がGigabit Ethernet(1000Base-TX)対応にパワーアップして新登場。型番は「KURO-BOX/HG」で、実売価格は18,580円ー20,800円
だそうです。巷ではすっかりGigabit Ethernetですね。。。そんなに1000Mが良いですかね。
そんなに大きなものを動かすと言ったら、、、DVDの中身とかじゃないと恩恵がないような、、、
でもまぁ早いに超した事はないですからね。


さて、この玄箱、NASと、、、言ってもまぁ、簡単に言えばネットワーク上にあるハードディスクで、ファイルサーバとかWebサーバになるようなものです。
中身はLinux。

バッファローのLinkStationと比べると、自由度が高いため、良いかなぁ。
ただ、買ってきてすぐに使えるのはLinkStationなので、、、どうでしょうね。
私個人的にはWebサーバにもなるし、ファイルサーバにもなるので玄箱が良いなぁとおもうわけで、、
ただよく見ると、ファンがあるのが残念。。。
ファンレスだったら即買だったかも。。。

安いファンレスWebサーバ目下捜索中です。。

 
 

Newer: pplog系バージョンアップ

Older: ちぃちゃんが熱い。

in the 気になるモノ category...

Newer: DELL 新型20インチワイド液晶

Older: photoshop elements 3発表

他にもこんな記事が読まれています [さらに他の記事]

Copyright © 2004 - 2017 Rocomotion All Rights Reserved.